写真はイメージです Photo:PIXTA

レビュー

 これからの時代には、「ありたい自分のまま、人生を楽しんで生きていく力」、「個人力」が必要だ。「これからを生き抜く究極の自己中戦略」と銘打たれた本書『個人力 やりたいことにわがままになるニューノーマルの働き方』は、一人ひとりが「ありたい自分」のままに人生を楽しんで良いのだと後押ししてくれる。

『個人力 やりたいことにわがままになるニューノーマルの働き方』書影
『個人力 やりたいことにわがままになるニューノーマルの働き方』 澤 円著 プレジデント社刊 1210円(税込)

 著者である澤円氏は、年間約300回にも渡るプレゼンテーションや講演をこなす、プレゼンのスペシャリストだ。大学の客員教授や企業の顧問、オンラインサロンの運営など、実に様々なコミュニティーに所属しながら活動をしている。そんな著者は、文系卒でありながら、IT業界に飛び込み、エンジニアとしてキャリアをスタートさせた。コンピューターの基礎も知らないままSEになったのは、「Being(ありたい自分)」があったからだと振り返る。

 コロナショックを契機に、時代が大きく変わりつつある。これは、1990年代後半にインターネットがもたらした変革以来の大きな変化といえるかもしれない。大きく時代が変動するときだからこそ、確固たる「ありたい自分」という基準を持っていることはますます重要になってくるのだろう。本書を読み終えると、自分も「ありたい自分」を探すために行動を起こせるのではないかという気持ちになれるはずだ。あなたも自らの本質を探り、充実した人生をつくるための一歩として、本書を紐解いてみてほしい。