ハチ公前広場に
集まったタイ人たち

タイの現国王の奇抜なファッションをまねたデモ参加者も
タイの現国王の奇抜なファッションをまねたデモ参加者も

 9月19日。昼過ぎの渋谷駅前で、タイ語のシュプレヒコールが響き渡った。

「プラユット、オックパイ(出ていけ)!」

 現タイ首相プラユット氏に対する抗議の声が上がる。150人ほどだろうか。デモを行っているのは、日本に住むタイ人たちだ。

「いまのタイは民主主義ではなく軍事政権です。それに抗議をした人たちは逮捕されたり殺されたりしてきました。もう耐えられないとタイでは若者たちが声を上げています。今日はその運動を日本から応援するために来ました」

 そう話すのは来日まだ1年という留学生の女性。英語と日本語で政権批判を書いたポスターを掲げて、通り過ぎる日本人にアピールをする。

 この日はタイ本国で行われた大規模な反政府デモに呼応するように、台湾やニューヨーク、パリなど世界12都市で、各地に在住するタイ人によってデモが開催された。渋谷もそのひとつだ。