服について考えるのは、めんどくさい。アイテム選びがめんどくさいし、コーディネートもめんどくさい。そんな男性に向けて、『服がめんどい――「いい服」「ダメな服」を1秒で決める』で最短で私服を決める方法を説いた大山旬氏。「これさえ持っておけば間違いない!」という小物選びの理論を伝授する。(こちらは2020年1月31日付け記事を再構成したものです)

その「カッコいいかも?」が、もうダサい

男性が、「これってカッコいいんじゃね?」と思って手に取る服は、だいたいダサいです。

非常に多い失敗例が、「柄物アイテム」です。

下のイラストのようなストライプシャツは、主張が強すぎます。

アイテム単体で見ると、イケてるように見えるかもしれませんが、実際に着てみると、とても悪目立ちします

「柄のある服」で失敗する男たちダメなストライプシャツ イラスト:須田浩介

失敗を回避するためには、「無地」がおすすめです。

あるいは、主張の強くない柄を選ぶようにしましょう。

ボトムスの柄物も絶対NG!

シャツと同じく、ボトムスのアイテムも、主張しすぎはダメです。

特に、下のイラストのように、チェック柄などは絶対にNG

「柄のある服」で失敗する男たちダメなスラックス イラスト:須田浩介

こちらも、できるだけ地味な印象の「無地」を選びましょう。

色は、「ネイビー」や「グレー」など、落ち着いた色がベストです。

おしゃれなコーディネートは、これだ!

シンプルで無難なアイテムを選べば、あとは簡単です。

柄が主張しないストライプシャツとスラックスを選べば、誰が着ても似合うコーディネートが完成します

下のイラストのように、柄は全身で1つだけに留めておくのがポイントです。

「柄のある服」で失敗する男たちベストコーディネート例(イラスト:須田浩介)

以上、男の人がやりがちな失敗例をもとに、おしゃれのコツを紹介しました。

ぜひ、あなたの「つい選んでしまうアイテム」をアップデートしてください。