2020年もあとわずか。コロナ第三波が到来する中、ビジネスパーソンの中でも、リモートワーク大歓迎の「リモート強者」とリモート化になじめない「リモート弱者」に二極化しつつある。
あなたは「リモート強者」か?「リモート弱者」か?
そんな時、心強い味方が現れた。
ITビギナーから「Google最高位パートナー」と呼ばれ、絶大な信頼を得ている平塚知真子氏だ。
平塚氏は、Googleが授与する資格(Google認定トレーナー/Google Cloud Partner Specialization Education)を2つ保有する国内唯一の女性トレーナー経営者。
初の単著『Google式10Xリモート仕事術──あなたはまだホントのGoogleを知らない』が発売たちまち重版。12/18に日経新聞にも掲載された。大胆にもGoogleの70近いアプリを「10」に厳選。「10%改善するより10倍にするほうがカンタン」というGoogle急成長の秘密「10X(テンエックス)」で成果を10倍にする「10X(テンエックス)・10(テン)アプリ」をフルカラーで初めて公開した。
“日本一のマーケッター”の神田昌典氏(マーケティングの世界的権威ECHO賞・国際審査員)が「全部無料! こんな使い方、あったのか」と大絶賛。曽山哲人氏(サイバーエージェント常務執行役員CHO)も「想像以上に知らない機能があった」というノウハウとはどんなものか。
では、“リモート弱者”が“リモート強者”になる、誰も教えてくれなかった方法を紹介しよう。

Photo: Adobe Stock

質問
 散らかるリモート会議、収束できるいい方法はありませんか?

 リモートになって会議の回数は増えるものの、意見も感想も空中戦。

 以前はホワイトボードに書いたり、付せんを貼って整理できていた会議も、今はお互いの顔をみて話すだけ。話がまとまらず、せっかく出たアイデアも空中分解。意味のない会議が増えるばかりで困っています。

回答
 おすすめの無料デジタルホワイトボードを使いましょう!

 リアル会議でうまくいっていたお役立ちアイテム「付せん」を使わない手はありません。

 ポストイット®を、クラウド上で貼ってしまいましょう。

 貼る場所はデジタルホワイトボード「Google Jamboard」です。

 Google Jamboard は、Google アカウントさえあれば、誰でも無料で利用できます。

 従来のホワイトボードを使うときと同じような感覚で、[フレーム]と呼ばれる画面上に手書きでメモを書いたり、描画したりできます。非常に軽く、反応がよく、共同作業に最適なスグレモノです。

 リモートからでも、リアルタイムでカンタンにアイデアを形にして「共有」できます。対面会議で会議室のホワイトボードを使って、付せんによる整理法でうまく収束できていたときと同様の、いえいえ、それ以上の成果を出せるはずです。

 Jamboard でできることを紹介します。

1. 6色の付せんで色別に見える化できる! 動かせる!
 会議前に各色準備する必要はありません。クリックで色の変更可能で、書き直す必要なし。

 同時編集できるので、発言のタイミングを待つことなく、参加者全員がアイデアを一斉に出せるます。このとき、付せんの形が変えられない、という方がいますが、参加者が「中身」に集中できるようあえて、1種類に制限しているのです。

2. 6色4種類のペンを使って、文字と線で思考整理!
 6色のペンツールは、マーカー、蛍光ペン、ブラシと使い分けられます。会議室においてある黒・赤・青3色の「手書き」以上のことができるのです。

 具体的には、これまでの会議でもやっていた「分けて絞る」体験。クラウドを使ってやってみると、全く新しい体験として生まれ変わることに、参加者たちも真剣な驚きを感じるはずです。

3. 次の会議ですぐ続きができる!
 時間切れで会議が中断しても、付せんをなくす心配なく、次の会議で同じ画面から再開。記憶を頼りに貼り直す必要はありません。しまっておく場所も不要です。

4. そのページをそのままに、新しいページで議論展開!
 ページをめくるようにつぎのフレームを開けます。バーチャルなので。リアルホワイトボードのように、スペースが足りなくなって毎回消すという作業が不要です。すべての内容を残したまま、次の議論に入れるので、アイデアが途切れることはありません。

5. 画像やテキストを直接入れられる!
 PCや Google ドライブ に保存されている画像をドラッグするだけで挿入可能。テキストも打ち込め、さらには、PDFや画像としても保存ができるので、会議の記録も簡単です。

 リモート会議でも、参加者全員が出したアイデアを視覚的に共有し、スマートに収束させていきましょう。モニターのなかでも「見える化」でき、1つのものを全員が見て話す状態になるので、一体感が生まれ、主体的に参加でき、共創力も高まるはずです。

 拙著『Google式10Xリモート仕事術――あなたはまだホントのGoogleを知らない』では、フルカラーでチームでスマートな働き方をするための方法を具体的に紹介しています。

 リモート会議を劇的に改善したい!と思ったら、掲載の方法をすぐ実践してみてください。

 あなたは絶対に変わります!