2020年もあと1ヵ月。コロナ第三波が到来する中、ビジネスパーソンの中でも、リモートワーク大歓迎の「リモート強者」とリモート化になじめない「リモート弱者」に二極化しつつある。
あなたは「リモート強者」か?「リモート弱者」か?
そんな時、心強い味方が現れた。平塚知真子氏だ。
平塚氏は、Googleが授与する資格(Google認定トレーナー/Google Cloud Partner Specialization Education)を2つ保有する国内唯一の女性トレーナー経営者。
初の単著『Google式10Xリモート仕事術──あなたはまだホントのGoogleを知らない』(11/25刊)が発売たちまち重版。大胆にもGoogleの70近いアプリを「10」に厳選。「10%改善するより10倍にするほうがカンタン」というGoogle急成長の秘密「10X(テンエックス)」で成果を10倍にする「10X(テンエックス)・10(テン)アプリ」をフルカラーで初めて公開した。
“日本一のマーケッター”の神田昌典氏(マーケティングの世界的権威ECHO賞・国際審査員)も「こんな使い方、あったのか」と絶賛するノウハウとはどんなものか(12/11リードフォーアクション主催の「読書会」案内はこちら)。
では、“リモート弱者”が”リモート強者”になる、誰も教えてくれなかった方法を紹介しよう。

Photo: Adobe Stock

★質問
 WEBの会議リンクが探せなくて毎回バタバタ。なんとかなりませんか?

 事前に送られてきている会議リンクの通知メールが見つからない!

 会議直前に、毎回探さなくてはいけないのってなんとかなりませんか?

 会議室にそのまま行けばよかったリアル会議より、リモート会議は、始まるまでに毎回バタバタしてしまいます。

☆回答
 あるカレンダーに会議リンクを貼るだけで、解決します

 働き方改革、業務効率化が求められる今。

 もうデータを探すことに時間をかけてはいられません。

 情報は「すぐ目につく場所に置けばいい」のです。

「すぐ目につく場所」とはどこでしょう?

 リモート強者のおすすめは、とあるカレンダー。

 その名は、Google カレンダー です。

 リモート会議のときは、会議時間の前に、その日のその時間の「予定」をクリックするだけ。

 そこに書かれている会議リンクもすぐに見つけられるはずです。

 Google カレンダー で自動生成した会議であれば、もっと簡単です。

 予定を作成し、[ゲストを招待]するだけで、リモート会議のリンクも自動作成、共有がされ、通知のメールも自動で送信されます。参加するときは、カレンダー の予定にある「Google Meet に参加する」というボタンを押すだけ。

 カレンダー の予定が、ウェブ会議アプリ Google Meet(グーグル ミート)の入口となります。

 実は、Google カレンダー は、「あなたの予定を登録するだけのアプリ」ではありません。

 使い方次第で、「時間で情報を管理するツール」に進化させることが可能です。

 会議のような、あらかじめ日時が決まっている予定には、カレンダーの予定にタイトルだけでなく詳細情報を[説明を追加]に入れておきます。詳細情報とは、その会議で使う資料やデータへのリンクやアジェンダ、連絡事項等です。

 すると、当日、予定を開くだけでその会議に必要な資料やリンク、アプリなどに一瞬でアクセスできます。

「〇〇探し」は何も生み出さない作業の典型です。

 カレンダーの「予定を見れば必ずある」という社内ルールを決めて Google カレンダー を社員全員で活用することで、ムダな時間を削減でき、全員の業務を効率化できるようになります。

 ひとりで使う、アプリ単体で使う。そんな「シングルアプリ・シングルユース」をやめて、関係者全員で使う、アプリを組み合わせて使う「マルチアプリ・マルチユース」に切り替えませんか?

 拙著『Google式10Xリモート仕事術――あなたはまだホントのGoogleを知らない』には、時間をうまく使いこなし、チームでスマートな働き方をするための方法をたくさん紹介しています。これまで時間をかけていたのがもったいなかった! と思ったら、掲載の方法をすぐ実践してみてください。絶対に変わることができます。