2020年もあと1ヵ月。コロナ第三波が到来する中、ビジネスパーソンの中でも、リモートワーク大歓迎の「リモート強者」とリモート化になじめない「リモート弱者」に二極化しつつある。
あなたは「リモート強者」か?「リモート弱者」か?
そんな時、心強い味方が現れた。「Google 最高位パートナー」の平塚知真子氏だ。
平塚氏は、Googleが授与する最高位の肩書(Google認定トレーナー/Google Cloud Partner Specialization Education)を2つ保有する国内唯一の女性トレーナー経営者。
初の単著『Google式10Xリモート仕事術──あなたはまだホントのGoogleを知らない』(11/25刊)で、大胆にもGoogleの70近いアプリを「10」に厳選。「10%改善するより10倍にするほうがカンタン」というGoogle急成長の秘密「10X(テンエックス)」で成果を10倍にする「10X・10(テン)アプリ」をフルカラーで初公開した。
“日本一のマーケッター”の神田昌典氏(マーケティングの世界的権威ECHO賞・国際審査員)も「こんな使い方、あったのか」と絶賛するノウハウとはどんなものか(12/11リードフォーアクション主催の「読書会」案内はこちら)。
では、”リモート弱者”が”リモート強者”になる、誰も教えてくれなかった方法を紹介しよう。

Photo: Adobe Stock

コロナ後に生まれた「リモート格差」

 コロナ後に仕事のやり方が大きく変わり、大きく2つのタイプに分かれました。

「リモート弱者」タイプと「リモート強者」タイプです。

 早いもので、2020年4月の緊急事態宣言から8ヵ月近くが経ちました。

 新型コロナウイルス感染防止のため、人との接触を減らすよう求められる中、企業では今も、在宅勤務を推奨し、リモートワークが常態化しています。

 こうした中、リモートワークに踏み切ったものの、なかなか苦労している……という方がいる一方、「リモート最高! もうこれなしで今後の仕事はありえない」と笑みを浮かべている方もいます。

 そうです。この働き方の急激な変化によって生み出されたのが「リモート格差」なのです。

 今、世の中は大きく二極化しています。

 この変化を前向きにとらえる「リモート強者」

 一方、この変化を後ろ向きにしかとらえられないのが「リモート弱者」