「就職したことがないのに4億円貯めちゃった!」
――かぶ1000

初の著書『貯金40万円が株式投資で4億円』を刊行した
株式投資歴30年以上のベテラン投資家、かぶ1000。
中学時代から体育のジャージ姿で、地元の証券会社に通い詰めた。
中高年の投資家にかわいがられ、バブル紳士に金儲けのイロハを教えてもらった。
中学3年で300万円、高校1年で1000万円、高校2年で1500万円へと株式資産を増やす。
会計系の専門学校卒業後、証券会社の就職の誘いを断って専業投資家の道へ。
時価総額に比べて正味の流動純資産が著しく多い「ネットネット株」や
豊富な不動産含み益などを持つ「資産バリュー株」への投資を得意とする理論派として、
資産を安定的に増やしてきた。
2011年に1億円プレーヤーの仲間入りを果たすと、その後も順調に資産を増やし、
2015年に3億円、2019年に累計利益4億円を突破。
中学2年から株ひと筋でアルバイト経験さえない根っからの投資家が、
保有株全体を1つの会社に見立てる考え方や銘柄との付き合い方など、
投資初心者にも役立つ投資法を全公開!

Photo: Adobe Stock

地元の証券会社に入り浸る毎日

株式投資の魅力にどっぷりとハマった私は、高校に入ると毎日のように株式を売買する“高校生投資家”になっていました。

まだ現在のようにネット証券はおろか、インターネットもなかったので、私のような一般の個人投資家にとっては短波放送『ラジオたんぱ』(現・ラジオNIKKEI)の株式情報がリアルタイムで情報が得られる唯一の手段でした。

ちょうどソニーから、学生服のポケットに入る小型の短波ラジオ受信機が発売されたので、それを早速購入してイヤホンを差し込み、高校の授業中もずっと聴いていました。

当時は、携帯電話もスマートフォンもありませんから、売買のタイミングが来たと思ったら、授業の合間の休み時間に学校内にある公衆電話まで走り、証券会社に電話して売り・買いの注文を出していました。

自分が買いたいと思っていた銘柄の値動きが大きい日は気が気でなく、授業どころではありませんでした。

そういうときは迷わず学校をサボって、家族には内緒でこっそりと証券会社に直行していました。高校生としては失格の日々です。

中学生の頃は、うちの近所にある小さな証券会社に口座を持っていたのですが、高校生になってからは地元のデパート内にテナントとして入っている少し大きな証券会社に鞍替えしました。