「就職したことがないのに4億円貯めちゃった!」
――かぶ1000

初の著書『貯金40万円が株式投資で4億円』を刊行した
株式投資歴30年以上のベテラン投資家、かぶ1000。
中学時代から体育のジャージ姿で、地元の証券会社に通い詰めた。
中高年の投資家にかわいがられ、バブル紳士に金儲けのイロハを教えてもらった。
中学3年で300万円、高校1年で1000万円、高校2年で1500万円へと株式資産を増やす。
会計系の専門学校卒業後、証券会社の就職の誘いを断って専業投資家の道へ。
時価総額に比べて正味の流動純資産が著しく多い「ネットネット株」や
豊富な不動産含み益などを持つ「資産バリュー株」への投資を得意とする理論派として、
資産を安定的に増やしてきた。
2011年に1億円プレーヤーの仲間入りを果たすと、その後も順調に資産を増やし、
2015年に3億円、2019年に累計利益4億円を突破。
中学2年から株ひと筋でアルバイト経験さえない根っからの投資家が、
保有株全体を1つの会社に見立てる考え方や銘柄との付き合い方など、
投資初心者にも役立つ投資法を全公開!

Photo: Adobe Stock

バブル紳士が教えてくれたこと

あるときバブル紳士は、私にこう言いました。

「人生には、誰でも3回は大きなチャンスがある。そのチャンスを1回でもつかめたら、お金持ちになれるんだ。だからチャンスを決して逃してはいけないよ」

そんなチャンスをモノにするには、元手が最低でも1000万円はいるともアドバイスしてくれました。

「日本は資本主義の国だから、お金持ちがお金持ちになるようにできている。1万円の5%は500円だけど、1億円の5%は500万円。お金持ちになりたいなら、まずは1000万円を自力で貯めなさい」と教えてくれたのです。

高校生だった私は、彼の言葉の真意を100%理解できたわけではないと思います。

それでも集中投資をしてまで、株式投資で1000万円超えを狙ったのは、バブル紳士の言葉が胸に残っていたのが大きかったと思います。

バブル紳士は、高校生の私には縁遠い「税金」についても教えてくれました。

当時は個人に対する最高税率は、所得税+個人住民税で最大88%(7000万円を超える部分)でした。

一方で、前述のように株式譲渡益に関する課税は原則非課税(有価証券取引税の0.55%のみ)でした。

「同じ1億円の収入でも、個人の所得だと最高88%もの税金を取られてしまう。それに引き換え、株式投資で1億円儲かったら、有価証券取引税の0.55%のみ。どっちが得か分かるだろう? 大切なのは収入より最終的にいくら手元に多くお金が残るのかを考えることだよ」とアドバイスしてくれました。

この教えは、私が学校を出てから会社員の道を選ばず、専業投資家として独立する決断を静かに後押ししてくれたのです。