3位はRKB毎日ホールディングス(HD)で、平均年収は1325.1万円。会社の形態は「持ち株会社」と呼ばれるホールディングカンパニーで、傘下のグループ企業を「親会社」として統制する役割を担う。同社の場合は、放送会社であるRKB毎日放送を傘下に持つ。

 5位はファナックで1216.4万円。同社は山梨県に本社を置く産業用ロボットメーカーの大手だ。自動車向けの多関節ロボの世界的メーカーとしても知られている。

 富士通のNC(数値制御)部門を分離してできたファナックの社名は、「Fuji Automatic NUmerical Control」の頭文字を取ったものだ。

 富士通から独立後のファナックは、外への情報発信に消極的で、マスコミの取材もほとんど受けないという秘密主義の会社として知られていたという(詳細は、連載『The Legend Interview不朽「ファナック創業者・稲葉清右衛門が80年代に熱く語った産業用ロボットの未来」』を参照)。

 ランキング完全版では、6位以下の計46社を掲載しているほか、46社における業種の内訳について掲載。長崎を除く46都道府県においてどんな業種の平均年収が高いのか、傾向を分析している。ぜひチェックしてみてほしい。

(ダイヤモンド編集部 加藤桃子)

>>各都道府県で最も年収が高い企業ランキング2020【全46社完全版】を読む