ノーベル生理学・医学賞を受賞した生物学者ポール・ナースの初の著書『WHAT IS LIFE?(ホワット・イズ・ライフ?)生命とは何か』が世界各国で話題沸騰となっており、いよいよ3月9日に日本でも発刊された。
ポール・ナースが、生物学について真剣に考え始めたきっかけは一羽の蝶だった。12歳か13歳のある春の日、ひらひらと庭の垣根を飛び越えた黄色い蝶の、複雑で、完璧に作られた姿を見て、著者は思った。生きているっていったいどういうことだろう? 生命って、なんなのだろう?
著者は旺盛な好奇心から生物の世界にのめり込み、生物学分野の最前線に立った。本書ではその経験をもとに、生物学の5つの重要な考え方をとりあげながら、生命の仕組みについての、はっきりとした見通しを、語りかけるようなやさしい文章で提示する。
養老孟司氏「生命とは何か。この疑問はだれでも一度は感じたことがあろう。本書は現代生物学の知見を十分に踏まえたうえで、その疑問に答えようとする。現代生物学の入門書、教科書としても使えると思う。」、池谷裕二氏「著名なノーベル賞学者が初めて著した本。それだけで瞠目すべきだが、初心者から専門家まで読者の間口が広く、期待をはるかに超える充実度だ。誠実にして大胆な生物学譚は、この歴史の中核を担った当事者にしか書けまい。」、更科功氏「近代科学四百年の集大成、時代の向こう側まで色褪せない新しい生命論だ。」、さらには、ブライアン・コックス(素粒子物理学者 マンチェスター大学教授)、シッダールタ・ムカジー(ピュリッツァー賞受賞の医学者 がん研究者 コロンビア大学准教授)、アリス・ロバーツ(人類学者 バーミンガム大学教授)など、世界の第一人者から絶賛されている。発売たちまち5万部を突破した本書の発刊を記念して、内容の一部を特別に公開する。

Photo: Adobe Stock

遺伝子の正体

 生物学者にとっての大きな課題は、遺伝子の正体と機能を理解することだった。最初の大きな知見は一九四四年に訪れた。ニューヨークで、分子生物学者のオズワルド・アベリーが率いる少人数のグループが実験を行い、遺伝子を作っている物質を特定したのだ。

 アベリーと同僚たちは、肺炎を引き起こす細菌を研究していた。その結果、無害だったはずの種類も、毒性の強い菌株の死んだ細胞の残存物と混ざると、危険な毒性のある形態に変わる可能性があることが分かった。

 決定的に重要なのは、この毒性が遺伝することだった。細菌は、いったん毒性を持つと、その特性をすべての子孫に伝える。

 このことから、死んだ毒性の細菌から、生きている無害な細菌へと、化学物質の遺伝子が伝えられ、その性質を永久に変えてしまったにちがいないと、アベリーは考えた。そして、こうした遺伝子の変質の原因が、死んだ細菌のどの部分にあるかをつきとめれば、最終的に遺伝子の正体を世に示すことができることに気づいた。

 実際に、変質の鍵となる特性を備えているのは、デオキシリボ核酸であることが判明した。デオキシリボ核酸は、「DNA」という略語の方が聞き覚えがあるだろう。

 そのころには、細胞の中で遺伝子を運ぶ染色体にDNAが含まれていることは広く知られていたが、大方の生物学者は、「DNAなんて、単純で取るに足らない分子だろう。遺伝みたいに、複雑怪奇な現象の原因であるはずがない」と、考えていた。彼らは間違っていた。