香港にいる必要あるのか?国際企業 撤退相次ぐ
Photo:Anthony Kwan/gettyimages

 中国内外での事業展開に最適な場所だった香港。その未来に懸念を抱く多国籍企業は現在、香港から撤退しつつあり、この世界屈指の商業都市の先行きが一段と不透明になっている。

 政治的混乱、中国本土の独裁体制による弾圧、新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)などで痛手を受けてきた国際企業や専門職の人々は、シンガポールなど香港のライバル都市へと脱出しつつある。中国の商業ハブであり、中国の巨大な経済規模から利益を得る上で香港よりも有利な場所だと一部でみなされている上海へ脱出する企業もある。