迫るロシアとの戦争、身構えるウクライナ市民キエフ市内を走る市電 Photo: Anastasia Vlasova for The Wall Street Journal

【キエフ(ウクライナ)】コンピューター専門家のダニーロ・コフズンさんは子どもにピストルの使い方を教えた。菓子店とカフェを経営するローマン・ナボズニアクさんは、ロシアとの戦いに集中する必要が生じた場合に備え、スタッフのみで店を回せるよう研修中だ。バーのオーナー、ビタリ・キリチェンコさんは、急きょ移動が必要になる事態を想定して、車のガソリンを常に満タンにしている。

 ウクライナは1991年に独立して以降、国家としての安定を築けず、2014年からは戦争状態にある。それでも、10万人のロシア兵が国境近辺に集結し、1940年代以降の欧州で最大の地上戦の脅威が迫る中で、市民は今回は何かが違うと話している。

「またかと口にするのが当たり前になった」と言うコフズンさん(46)。「一方で、パニック状態にも陥りやすくなっている。シリアのような悪夢になるかもしれない。それがロシアが唯一達成できることだ」

 コフズンさんは2014年に、貧弱な状況に置かれていたウクライナ軍に食糧や衣類、装備を支援した有志の一人だ。一般市民は再び軍を支援する覚悟だという。

コンピューターエンジニアのコフズンさん子どもにピストルの使い方を教えたと話すコンピューターエンジニアのコフズンさん Photo: Anastasia Vlasova for The Wall Street Journal