ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

世界中のプロフェッショナルを縦横無尽につなぐ!
ビジネス特化のSNS「リンクトイン」の日本戦略
――杉本隆一郎・リンクトイン・ジャパン株式会社
日本オフィス代表代行インタビュー

ダイヤモンド・オンライン編集部
【第30回】 2013年11月18日
著者・コラム紹介バックナンバー
previous page
2
nextpage

仕事のパートナーや情報を探せる
ビジネスに特化した巨大SNSの機能

――リンクトインはビジネスに特化したSNSということですが、主な機能はどんなものでしょうか。

リンクトインのプロフィール画面

 リンクトインはひとことで言うと、ユーザーの履歴書情報を中心として、ネットワークの中で個人同士、あるいは個人と企業が、求人や商談といったビジネス上の「つながり」を得ることができるサービス。メインはそのための「自己紹介ツール」としての機能です。

 メインページのプロフィール欄には、ユーザーが自分のこれまでの経歴、経験、スキルなどを詳しく書き込めるようになっています。ユーザーはビジネスにおけるパートナーや情報収集先などを求めて、絶えずサイト内をキーワード検索している。そして掲載された他のユーザーのプロフィールから自分のニーズに合う人を探し出し、コンタクトをとることができます。それによって、ユーザー同士が知り合い、仲間になって、ビジネスのチャンスを広げていくことができるのです。コンタクトをとる過程で共通の知人が間にいる場合は、紹介を依頼することもできます。

 また、各ユーザーがプロフィールをより詳細に、より充実させることにより、ビジネスの輪はどんどん広がって行きます。

――他にも、特長的な機能はありますか。

 「自己紹介ツール」の他にも、「情報ツール」「アクセスツール」としての機能があります。まず「情報ツール」の機能としては、世界300万の企業や組織がリンクトイン内で運営している「会社ページ」にアクセスし、ユーザーが自社、競合他社、取引先など自分に関連性の高い企業が発信する情報や求人をタイムリーにフォローできます。

 また、世界で話題になっているニュースをユーザーに提供する「LinkedIn Today」では、提携先のメディアが配信する最新のビジネスニュースをフォローできます。

 業界やつながっている人の間で話題になっているニュースやトレンドをチェックすることができ、自分のコネクションの中で「どんなニュースが話題になっているか」を知ることもできる。興味のあるジャンルにチェックを入れると、関連ニュースが自動的に流れてくるチャネルもあります。

 もう1つ、政治・経済・経営分野のプロフェッショナルたちが自分たちのオピニオンを発信するミニブログを集めた「インフルエンサープログラム」も必見。このサービスは昨秋から始まりましたが、プロフェッショナルたちが過去のビジネスで学んだことなどの「気付き」に繋がることが書かれており、ユーザーはそれを読んで、ビジネススキルの向上に役立てることができます。

previous page
2
nextpage
IT&ビジネス
クチコミ・コメント

facebookもチェック

IT insight

情報家電、インターネット、ソーシャルメディア、携帯電話など、ITツールの最新情報に加え、激動の市場を勝ち抜くIT企業の戦略、ITを駆使した新しい企業経営の姿などを伝える。ITエグゼクティブや編集部の視点から、ITビジネスの最前線を徹底分析する。

「IT insight」

⇒バックナンバー一覧