ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

世界中のプロフェッショナルを縦横無尽につなぐ!
ビジネス特化のSNS「リンクトイン」の日本戦略
――杉本隆一郎・リンクトイン・ジャパン株式会社
日本オフィス代表代行インタビュー

ダイヤモンド・オンライン編集部
【第30回】 2013年11月18日
著者・コラム紹介バックナンバー
previous page
8
nextpage

――これまでの仕事の経験の中で、培ったポリシーは何ですか。

 たくさんありますね。社会に出て初めて入った会社(現ジュピターテレコム)では、「中途半端な仕事をしない」という精神を叩き込まれました。人事マンが仕事で相対する社内の人たちは、だいたい自分よりもポジションが上の人が多い。なので上司からは、厳しく言われました。「同期の営業担当らと同じ目線で相手に接するな。社内の部長や本部長が君のお客だから、彼らと同じ目線に立って話すようにしろ。新人のつもりで仕事をしたら、人事の顔を汚すぞ」と。

 また、そういう立場だからこそ、自分の主観で仕事をしないことを心がけました。自分の意見は一旦はじに置き、まずは相手がどう考えているかを優先して聞くようにする、「複眼思考」を意識してきました。

 その後も、出端をくじかれたこともあります。前職の楽天で、仕事を120%やっていたつもりでいたのに「やり切れていない。150%やってみて、結果がそこまで届かなくても、100%は絶対割るな。それができるまでやり切れ」と上司に指摘されて。そこまでやることの是非はともかく、「どんな仕事もとことんやる」という信念は身に付きました。

「仕事を妥協しない」「複眼思考」
それが昔も今も変わらないモットー

――ビジネスパーソンをつなげるリンクトインに必要なのは、まさに人事マンとしての経験・視点だったと思います。これまでの経験は、リンクトインでどのように生かされていますか。

 精神面では、やはりとことん自分を追い込むということは意識しています。後で「あのとき、あそこまでやっておけばよかったな」と後悔したくないので。特に立ち上げから日が浅いスタートアップのタイミングでは、絶対に仕事を妥協しちゃいけませんよね。

 またテクニカル面では、「複眼思考」を忘れず、自分が社内外に説明責任を負っていることを、常に意識しています。リンクトインの日本のユーザーは拡大しており、皆様々な価値観やニーズを持って参加しているので、それらに幅広く目を向け、新しいサービスを考え出していかなければなりませんから。

 その意味でも、いつ、どんなことをお客様や社内の関係者に聞かれても対応できる知識を常に持っておくため、チーム内で情報共有は徹底させています。メンバーにとっては、煩わしいかもしれませんが(笑)。

previous page
8
nextpage
IT&ビジネス
クチコミ・コメント

facebookもチェック

IT insight

情報家電、インターネット、ソーシャルメディア、携帯電話など、ITツールの最新情報に加え、激動の市場を勝ち抜くIT企業の戦略、ITを駆使した新しい企業経営の姿などを伝える。ITエグゼクティブや編集部の視点から、ITビジネスの最前線を徹底分析する。

「IT insight」

⇒バックナンバー一覧