ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
スマートフォンの理想と現実

SIMフリーiPhoneが日本のモバイル産業に投じた一石

クロサカタツヤ [株式会社 企/株式会社TNC 代表]
【第55回】 2013年11月28日
著者・コラム紹介バックナンバー
previous page
3
nextpage

 通信事業者が提供するiPhoneは、インセンティブが載せられた(=値引きされた)上に、割賦販売で割安感が強い。それに比べてSIMフリーiPhoneの一括価格は、「高い」「意味が分からない」となるだろう。

 また、SIMフリーであるために、自前で通信回線を別途調達しなければならない。これもまた、勝手の分からない消費者にとっては、「面倒くさいこと」に見えるだろう。MVNO事業者が多く参入し、回線サービスが多様化しているという事実を理解するには、相応のITリテラシーを必要とする。しかし多くの消費者は、そこまで通信サービスに気をつかうことはしない。

 音声通話サービスや電話番号の問題もあり、あれこれ調べて考える手間を考えれば、通信事業者のサービスでいい――こう考える人が多数派なのは、日本のMVNO市場が一部のユーザにしか広がらず、いまひとつ盛り上がりに欠ける現状を見れば、明らかだろう。

「「大したことない」ことはない」かもしれない

 では、今回のSIMフリーiPhoneは、「大したことのない話」と片付けてしまって、いいのだろうか。これについても、私は「そうでもない」ように感じている。

 たとえば、前述した「ITリテラシーの高い消費者」には、かなりの福音であるということ。こういう人たちは、iPhoneそのものも初期から使っているだろうし、スマートフォン台頭以前から、パソコンによるインターネットをバリバリ使いこなしているだろう。マーケティングでいうところの「イノベーター」である。

 こうした人たちは、おそらくネット上での情報発信能力も、相対的に高いはずだ。しかも、単に声が大きいというだけでなく、使い方や組み合わせ方、つまり利用スタイルについて、わかりやすく提案できる。

 従来は、そうした利用スタイルの提案は、端末と回線をバンドルで販売する、通信事業者が担っていた。その役割をイノベーターが担うとなれば、これまで「面倒くさい」と思っていた人たちの一部は、彼らの提案を見て、「これならやってみよう」という気分にもなるだろう。通信事業者にとってみれば、それなりに上質な顧客層の一部を、切り崩されることになる。

previous page
3
nextpage
IT&ビジネス
クチコミ・コメント

facebookもチェック

クロサカタツヤ
[株式会社 企(くわだて)代表取締役、慶應義塾大学特任准教授]

1975年生まれ。慶應義塾大学・大学院(政策・メディア研究科)修了後、三菱総合研究所にて情報通信分野のコンサルティングや国内外の政策調査等に従事。その後2007年に独立し、現在は株式会社企(くわだて)代表として、通信・メディア産業の経営戦略立案や資本政策のアドバイザー業務を行う。16年より慶應大学大学院政策・メディア研究科特任准教授。


スマートフォンの理想と現実

2011年はスマートフォンの普及が本格化する年になる…。業界関係者の誰しもがそう予感していた矢先に発生した東日本大震災は、社会におけるケータイの位置づけを大きく変えた。しかし、スマートフォンの生産に影響が及びつつも、通信事業者各社はその普及を引き続き目指し、消費者もまたそれに呼応している。震災を受けて日本社会自体が変わらなければならない時に、スマホを含むケータイはどんな役割を果たしうるのか。ユーザー意識、端末開発、インフラ動向、ビジネスモデル等、様々な観点からその可能性と課題に迫る。

「スマートフォンの理想と現実」

⇒バックナンバー一覧