ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
「デジタルな日常」を生きる

容易に真似できない日本の技術を集め、世界に発信
「精密すぎるiPhoneバンパー」の価値

松村太郎 [ジャーナリスト・著者]
【第15回】 2014年3月18日
著者・コラム紹介バックナンバー
previous page
4
SQUAIRは非常に精巧に作られた金属のバンパーだが、手触りは柔らかさがある Photo by T.M.

 DAQは2014年1月に米国ラスベガスで行われたCESに出展した。製品名やブランド名以上に「MADE IN JAPAN」を強調し、着物の男性を立たせて「日本製であること」をアピールし、人気を博したという。同じ手法で3月にサンフランシスコで開催される「Macworld/iWorld」でもブースを出すそうだ。

 「海外市場でも、日本製であることとそのデザイン、出来映えに非常に手応えを感じています。しかし欧米でのiPhoneの使い方に合わせた改善もする必要があります。現在のSQUAIRはねじ止めをして固定していますが、欧米ではSIMカードを入れ替えて使う事が多く、ねじは不便だという指摘がありました。そこで、加工を工夫して、ねじ止めなしで固定できる新しいデザインも開発しています」(後藤氏)

 その手法も、1/100mm単位で2つのパーツのサイズを変え、縦方向の力では外れないが、ねじると外れる、という特殊な構造。材質と加工を知り尽くしたアイディアには脱帽だ。こうした変更も、切削だからこそ型を起こさずに済み、すぐに反映させることができるという。

 ものづくりは先進国から中国などへとその現場が移動してしまったが、日本での生産に真摯に向き合うことによって、イノベーションが起きている現場に立ち会っている感覚だ。

 日本のメーカーも、日本での生産にこだわってビジネスが成立する道を考えられたとしたら、これからの時代に面白いことがたくさん起きるのではないか。そんな実感を持つことができるインタビューだった。

previous page
4
IT&ビジネス
クチコミ・コメント

facebookもチェック

松村太郎
[ジャーナリスト・著者]

まつむら・たろう/1980年生まれ・米国カリフォルニア州バークレー在住のジャーナリスト・著者。慶應義塾大学政策・メディア研究科卒。慶應義塾大学SFC研究所上席所員(訪問)、キャスタリア株式会社取締役研究責任者、ビジネス・ブレークスルー大学講師。近著に「スマートフォン新時代」「ソーシャルラーニング入門」など。

「デジタルな日常」を生きる

スマホ、SNSなど、毎日の暮らしに欠かすことのできなくなったネット環境とデジタルツール。その一方で、セキュリティやプライバシーの問題、ツールへの依存、ネットコミュニティとの関わり方など、日々新たな問題が現れ、状況は変化している。私たちは「デジタルな日常」をどう生きていけばいいのか、米国シリコンバレー在住の記者が、生活者の目線で解説する。

「「デジタルな日常」を生きる」

⇒バックナンバー一覧