では、4つそれぞれの細部を指定した、デザイン回し用ラフをご覧ください。記事の最初に出した参考画像の4つとは名称が変わっていますが、簡単にいうと、「七宝」は「隅切」に同じで、「田の字」の亜流が「段取」という感じ。

 

 各々のラフには、名称と、その料理が本のなかの何ページに出てくるか書き込みました。各料理のアイコンを作ってもらう参考用です。どこにどういう風に引き出し線を入れて、どう料理のアイコンを配置していくかは、小宮山さんにお任せです。そして、見開き全体のラフはこれ。

おせちに漂うスノッブで
ハイデザインな匂い!

 この時点では、雑誌そのもののヨコをタテに使ってみようかと思ってこう書いて送りましたが、最終的には小宮山さんの意向で普通のヨコ長に。最後にテキスト類を打ち込みます。料理の名称&キャプション、詰め方の説明原稿を。

 あとは、全体ラフ、4つの個別ラフ、本、参考資料、テキスト類、をまとめて小宮山さんに渡し、完成を待ちます。

 と、できたインフォグラフィックをここでもう一度どうぞ。

グラフィック作成/小宮山秀明
拡大画像表示

 納得、大満足のクオリティ。スノッブなテイストで表すおせちに、ハイデザインな匂いが漂いますね。見立て手法としては、ひねったものではありませんが、組立図とおせちという構造的なマッチングが効いたインフォグラフィックが仕上がりました。

 次回は「東京都アメリカンフットボールリーグ」です。お楽しみに。


//////////////////////////////////////////////

<参考ー石黒謙吾ブログ>

■過去のチャートネタ
http://www.blueorange.co.jp/blog/archives/category/past-chart-idea
■チャート&分類部
http://www.blueorange.co.jp/blog/archives/category/chart
■発想法&思考法部
http://www.blueorange.co.jp/blog/archives/category/idea