単位取得後に無事入社!
待ってもらえたラッキーな人たち

 では、「待ってもらえた」人たちのラッキーなエピソードをみていきましょう。

■数ヵ月待ってもらった

「単位を落とした科目は前期のみだったので、会社と何回か話をした結果、入社時期を9月に変更し、前期で絶対単位を取るということで落ち着きました」

「学校も状況を理解してくれて、6月卒業となった同級生がいました。彼は、語学力抜群で、大手商社に内定していました。会社も、6月卒業を了承して入社し、仕事の合間に大学に通い、見事6月卒業しました」

■翌年入社した

「私の友達は、単位不足になってしまい留年してしまいました。しかし、内定取り消しにはならず、翌年会社には普通の新入社員として通い、その単位だけ取って卒業した模様です。心の広い会社でした」

■取り消されたが翌年内定をもらった

「私の知り合いの先輩が、(中略)内定をもらっていたのですが、単位を落としてしまい留年。しかし、次の年に同じ会社を受けて、また内定をもらい、無事就職しました!その会社は大手広告代理店です」

「私の会社の今年の新入社員が(中略)一昨年内定を出したけど単位不足で留年、そして翌年に再挑戦して今月入社いたしました。……ただ、留年が判明した時は社員一同「……」でしたが、それでも来年挑戦してくれた事は嬉しかったですよ」

 大手商社に内定していた方のように、能力も高く、会社としても期待を寄せている人であれば、会社によっては入社時期を考慮してくれる可能性があるのではないでしょうか。