ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

マーケターとしての自信を揺るがした
ソーシャルの破壊力
――佐分利ユージン アドビ システムズ日本法人代表取締役社長に聞く

ダイヤモンド・オンライン編集部
【第45回】 2014年9月22日
著者・コラム紹介バックナンバー
previous page
3
nextpage

佐分利 それと、始めたいことは「マーケターのコミュニティ作り」です。例えば弊社のクリエィティブ製品では、昔からユーザー会の活動が盛んですし、マーケティング製品についても米国での「マーケティングサミット」を頂点とした会議が各地域で開催されています。

 日本の経営層に対して、デジタルマーケティングの重要性の理解と支援を促し、コミュニティの構築などを通じて業界の認知と活性化を図っていきたいと思います。

「CMO」は、社内データを統合する企業の司令塔

――社長就任会見でも、日本の企業にはCMO(最高マーケティング責任者)が少ないという話がありましたが、そもそも、なぜCMOが必要なのでしょうか。

佐分利 CMOは単に営業部門のトップではなく、自社のデータをどのように収益に結びつけていけるかを、経営戦略として意志決定するポジションです。

 とくに重要になるのが、先ほども話した社内の各部署の横断的な意見調整です。それぞれの部門が言いたいことを言っていたら、データの統合は進みません。そこを仕切るのがCMOの役目です。

――日本でも、CMOが増える機運はあるのですか?

佐分利 あります。背景は2つあって、1つは、2005年に施工された個人情報保護法です。多くの企業で、それまでバラバラに集めていた顧客情報の管理が一元化され、厳格化されました。もう1つは、海外企業との競争が激化するなかで、ただモノを作って出せば売れる=プロダクトアウトでは通用しなくなってきました。まず需要を喚起して、顧客との対話によって商品を売っていくことがますます重要になっています。この2点が、デジタルマーケティングを導入する原動力になっています。

 こうした背景のなかで、やり方を変えなければいけない、と実感している経営者は多いはずですが、そのカギがマーケティングだという考えにたどり着いている人は、まだ少ないのかもしれません。そこを解きほぐしていく必要があります。

previous page
3
nextpage
IT&ビジネス
クチコミ・コメント

facebookもチェック

IT insight

情報家電、インターネット、ソーシャルメディア、携帯電話など、ITツールの最新情報に加え、激動の市場を勝ち抜くIT企業の戦略、ITを駆使した新しい企業経営の姿などを伝える。ITエグゼクティブや編集部の視点から、ITビジネスの最前線を徹底分析する。

「IT insight」

⇒バックナンバー一覧