アマゾン、サイバーエージェント、クックパッド <br />実録! やる気&業績アップを狙う「オフィス構築術」少人数用会議室は、床から天井まで壁のようなホワイトボードになっている

「オフィスの各所に自由に使える机やイスがあり、思い立ったらすぐラフなミーティングができるスペースになっています。また、どの会議室の壁にも大きなホワイトボードがあるので、書きながら議論することができます。これは、エレベーターの中でもホワイトボードが使えるアマゾン本社の流れを汲んだもの。アイデアが生まれるちょっとしたタイミングを逃さない仕掛けなんです」(三品さん)

 実際に会議室を覗いてみると、大きな会議室には横長の大きなホワイトボードが。コンパクトな会議室では、床から天井までが全面ホワイトボードになっているので、来客者の中には壁だと思ってしまう人もいるという。

アマゾン、サイバーエージェント、クックパッド <br />実録! やる気&業績アップを狙う「オフィス構築術」来訪者が使用するエレベーターは、Amaaon.co.jpの商品配送に使われている段ボール箱のデザインに

「他社と比べて珍しいものだと、予約制で使えるシャワー室があります。おかげで、夏場に自転車通勤してもシャワーを浴びて快適に仕事ができるようになったと好評です。専任の施術士が常駐するマッサージルームも、リフレッシュできるし、PCと向き合うことの多い仕事柄、肩凝りに悩む社員もいるので喜ばれています。

 業務に直結する部分では、100人以上のセミナーにも対応できる会議室やカフェスペースができたことが大きいですね。おかげで、人数の多い会議やイベントのたびに場所を押さえる手間がなくなりましたし、そのことがイベント実施のハードルを下げ、事業展開に役立ったと感じています」(三品さん)

 さらに、各フロアのパントリーには、他国で働く社員がきてもわかるように、日本語と英語で表記をしている。何がどこにあるのか、使い方はどうすればよいのかを、きめ細やかに表示しているのだ。

放っておくと業績ダウンにつながる?
日常のストレスを取り除くための工夫

アマゾン、サイバーエージェント、クックパッド <br />実録! やる気&業績アップを狙う「オフィス構築術」オフィスの各所に、すぐにミーティングできるスペースがある

 このように見ていくと、アマゾン ジャパンでは、どんな企業の日常にも潜むストレスを取り除くための工夫が多い。汗のニオイやベタつきというストレス、体調や気分が優れないというストレス、そして大きな会議室を押さえるストレス……。

 とはいえ、汗に関しては自転車通勤をやめれば済むことではあるし、体調不良も勤務時間外に個人の判断で対処するもの。会議室どりにいたっては、「これも仕事のうちだ」と思い、ストレスなどと言いづらい企業も多いだろう。しかし、このようなストレスの積み重ねが思考や業務を滞らせ、結果的に業績ダウンにつながることは十分にあり得る。ストレスのない快適な環境を整えたことで、個々の能力を存分に発揮できる=事業を展開させる土壌ができたのだろう。

 次に紹介するのは、IT大手のサイバーエージェントだ。コンセプトは、「あえて安心感を消す」ことだという。その真意について、サイバーエージェント広報・真下さんに話を聞いた。