40代半ばを過ぎた筆者は、後半はバテ気味だったものの、何とか45分間を踊り切る(?)ことができた。足元はふらつき、もう1カロリーもエネルギーが残っていない状態まで追い込まれたが、不思議と充実感と爽快感に心が充たされている。ちなみに1回のレッスンで400~800キロカロリーものエネルギーを消費できるそうだ。

「六本木の朝7時からのレッスンも毎回多くの男性が参加しています。皆さん、終わってシャワーを浴びてからスーツに着替え、8時に玄関口を出て出社していく。まさに僕がマンハッタンで見た光景が、日本でもようやく実現し始めています」(橋本)

 日本中のビジネスマンがフィールサイクルで朝活をしてから出社すれば、日本経済はもっと良くなるのではないか。そんなことを思いながら、六本木を後にした。

(大来 俊/5時から作家塾(R)