失敗する最大の原因は、転がそうとするあまりボールを極端に右に置き、ハンドファーストに構える(手を前に出し過ぎる)ことです。こうすると、ロフト角が立ち過ぎるだけでなく、クラブヘッドの抜けが悪くなります。その結果、ガツンとした強いインパクトになり、距離感がまったく合わなくなってしまうのです。

 スウィングのポイントは、グリップエンドの向きを入れ替えることで、バックスウィングでもフォロースルーでも、グリップエンドがへそを指し続けるようにクラブを動かしましょう。インパクト以降、グリップエンドが体の左側にはずれてしまうと、インパクトの強さが安定しません。

【第24回】アマチュアゴルファーのお悩み解決セミナー<br />Lesson24「スコアメークの重要なポイントとは?」
インパクトゾーンでグリップエンドの向きを入れ替える。フォロースルーでもへそを指していればOK。

 転がしが苦手な人は、クラブをパターのように吊って構えてみてください。ヒール側を浮かすことで、ヘッドが突っかからず、抜けがよくなります。クラブを短く持ち、パッティングのように肩でストロークすることがコツです。

(取材・文 小山俊正)