乳糖不耐症という体質の方は牛乳を飲むとおなかを壊す乳糖不耐症の方は牛乳を避けてチーズやヨーグルトなどを食べればなんの問題もない。ちなみに日本人のほとんどは乳糖不耐症なんです、と仰る人があるが、あまり正確ではない。そもそも哺乳類はラクトースの分解酵素は子どものうちは持っているが、成体になると減少する。つまり乳糖不耐症が正常なのだ。

 では、どうして牛乳を飲んでも平気な人とそうではない人がいるのか。鍵になるのは腸内細菌である。実は腸内細菌が人間が消化できない牛乳の乳糖を分解してくれるのだ。

 牛乳を日常的に飲んでいる人の腸内にはビフィズス菌や乳酸菌といった有用な腸内細菌が多い。それらが乳糖を効率よく分解してくれるので、我々はおいしい牛乳を享受できるのである。ひょっとすると牛乳を飲むと具合が悪くなる、と喧伝している人の腸内環境は牛乳をよく飲める人に比べて悪いのかもしれない。

 もちろんアレルギーの人は絶対に避けるべきだし、セルアック病や飢餓的な栄養状態、薬物の副作用などで乳糖が分解できない場合もあるので、そうした方は避けたほうが無難だ。

 しかし、特定の食品を「体に悪い、毒だ」と喧伝している人は実に不思議だ。生産者や自然への感謝の気持ちがあれば悪口など言えないはずである。飲まないのは勝手だし、その気持は尊重するが、嫌いなら黙っていて欲しい。木村次郎右衛門は感謝の言葉を絶やさぬ人だったという。得意の英語で「サンキュー」と周囲を和ませていたそうだ。長生きには感謝の心も必要なのだ。

※参考文献/月刊「食生活」 2015年6月号