50代はそれまでの場所を空け
新しいことにチャレンジする10年

 次に50代。この10年間は60代以降を幸せに過ごすための助走期間だ。会社ではどういうことを期待されているかといえば、役員になって上に行くか、そうでない場合は、横や子会社に行くなども含めて、自らそのポストを降りるということになる。

 つまり、いずれの場合でも後進のために、その場所を空けることが求められる。そこに居座ってはいけない。40代と同じように、自分が主役を張り続けていたのでは、しまいには周囲から疎まれることになってしまう。だから、50代は、自らのポストを空けることが一つの大切な目標、キャリアテーマとなるわけだ。

 では自分はどうなるのか。新しいことを始める。執行役員になったとしても、社外に出たとしても、関連会社に行ったとしても、別の部署に行く、新規の部署を立ち上げるにしても、周囲から「誰々さんが、また新しいことを始めた」「すごいね」と期待されることになる。

 それがなく、ただポストを追われる、役職定年になるのとは大きく違う。自らの成長戦略として、いつまでも同じ場所に留まらない。そのための道の一つが、転職でもあり、独立でもあるのだ。あるいはそれに似たことを同じ会社の中、そのグループの中で始めて、新たな価値を生む。それは素晴らしい成長戦略だと思う。

 私は、50代は滑走路だと思っている。上に行く場合も含め、自分の今までの仕事を後進に譲るために、組織に一体何を残すのかをしっかりと考えなければいけない。さらに、そこから先の自分のキャリアをこれまたしっかりと描くことが重要だ。

 それができれば60歳以降のいいスタートが切れる。そこまでのイメージを、今から持っておいてもらいたい。その上で、バックキャストして、50代、40代、30代というふうに、その時々の自分なりの、より詳しいテーマ設定をすべきなのだ。

 最後に一言。一番いけないことは絶望だ。絶望とは、哲学的に言えば、すべての可能性が失われることを言う。その可能性を作り続けるのは自分自身だ。あなたの可能性はあなたが作る。その覚悟をもって、今年も1年を過ごしてほしい、そのためのアドバイスをこれからも続けていきたいと思っている。