日本人の回答では、宗教の基本的意義として「死後を意味あるものにすること」と答えた人は、9.7%と1割に満たず、世界60ヵ国で最も少ない点が印象的である。それでは「現世を意味あるものにすること」が多いかというと、回答率は47.7%と死後に比べれば多いが、他国と比較してそれほど多いわけではない。残りは「分からない」や「無回答」であり、日本人の場合、こういう訊き方をされても困るという反応であるかのようだ。中国やシンガポールといった国でも同様の傾向があり、儒教国としての宗教観が影響している可能性がある。

 他方、日本人とは正反対に、「死後を意味あるものにすること」の回答率が高いのはイスラム教国の国民である。最も回答率が高いパキスタンでは何と8割がそう考えているのだから少しおどろく。イスラム教国の多くでは4割以上の国民がそう考えている。

 近年、世界各国でIS(イスラム国)を中心としたイスラム過激派の自爆テロにより多くの命が失われている。自爆攻撃という点では、第2次世界大戦中の日本のカミカゼ攻撃が連想されることもあるが、最近のイスラム過激派の自爆テロは、聖なる戦いであるジハードで戦死した者は、この世の終わりに最後の審判がなされ、天国で処女たちに囲まれて夢のような暮らしを送ることになるいうイスラムの考え方に基づいていると思われる点で、特段、宗教的な意味づけはなかったカミカゼ攻撃とは異なっている。図に見られるようなイスラム教国における「死後」の位置づけの大きさを知らないと、自爆するテロリストたちの心情は理解しがたいのではなかろうか。

 なお、欧米主要国では、日本とイスラム教国の中間の考え方となっており、キリスト教の影響が大きい米国は「死後を意味づけるもの」という考え方も根強いが、その他では、どちらかというと「現世を意味づけるもの」として宗教を捉える傾向が強いことが分かる。

神を信じるでもなく信じないでもない日本人

 ISSP調査は、5年おきの世界価値観調査と異なり、毎年、テーマを変えて実施されている。宗教をテーマにした2008年のISSP調査では、神についての日ごろの考えについて、かなりバラエティに富んだ回答選択肢を用意して調査が行われた。

◆図2 神についての考えの国際比較(2008年)