唐池 恒二(からいけ・こうじ)
九州旅客鉄道株式会社 代表取締役会長
「三島JR」と称され、300億円の赤字というどん底のスタートを切った同社にあって、全社員と共に逆境と屈辱から這い上がり、500億円の黒字(2017年度)に導いた立役者。同社は現在、売上の6割を鉄道以外の収入にして8年連続増収中。
高速船、外食、不動産、建設、農業、ホテル、流通など37のグループ会社を伴い、連結の売上額は4133億円、経常利益670億円(2017年度)を計上。
1953年4月2日生まれ。1977年、京都大学法学部(柔道部)を卒業後、日本国有鉄道(国鉄)入社。1987年、国鉄分割民営化に伴い、新たにスタートした九州旅客鉄道(JR九州)において、人気温泉地・由布院の魅力を凝縮した「ゆふいんの森」や、浦島太郎の竜宮伝説をテーマにした「指宿のたまて箱」など、11種類のD&S(デザイン&ストーリー)列車をつくり、次々大ヒット。列車を「移動手段」から「観光資源」へと昇華させた。
1991年に博多~韓国・釜山間にデビューした高速船「ビートル」就航に尽力。さらに、大幅な赤字を計上していた外食事業を黒字に転換させ、別会社化したJR九州フードサービスの社長に就任。2002年には、同社でみずからプロデュースした料理店「うまや」の東京(赤坂)進出をはたし、大きな話題に。
2009年6月、同社代表取締役社長。2011年には、九州新幹線全線開業、国内最大級の駅ビル型複合施設「JR博多シティ」をオープン。2011年に制作指揮した「祝!九州」のテレビCMは「カンヌ国際広告祭」アウトドア部門金賞受賞。2013年10月に運行を開始し、総工費30億円をかけ世界一の豪華列車とも称される「ななつ星 in 九州」では、企画立案からデザイン、マーケティングまで陣頭指揮を執り、大人気となる。2014年6月、同社代表取締役会長。2016年には、長年の悲願であった東証一部上場を実現。2018年7月には、中国・アリババグループとの戦略的提携を発表。今後の動向にさらなる注目が集まっている。
【JR九州HP】https://www.jrkyushu.co.jp

著者からのメッセージ

 はじめまして。JR九州の唐池恒二と申します。
 今回、『感動経営』 を出版し、おかげさまで第4刷が決まりました。ありがとうございます。
 装丁と本文デザインは、2013年開業の「ななつ星」、今年8月27日にリリースした新型高速船「クイーンビートル」のデザインを担当した、水戸岡鋭治さんにお願いしました。

 JR九州には現在、37のグループ会社がある。
 JRというと鉄道がメインだと思われるだろうが、売上の6割を鉄道以外の事業であげている。博多と韓国をつなぐ高速船「ビートル」、東京・赤坂にある「うまや」などの外食店、不動産、農業、ドラッグストアなどその分野は多岐にわたる。

 順風満帆だったわけではない。

 国鉄分割民営化からJR北海道、JR四国とともに「三島(さんとう)JR」と中央では称され、逆境と屈辱を味わった。

 幸いだったのは、当時の社員全員が「このままではJR九州は必ず潰れる」という強い危機感を共有できたことだ。

 鉄道事業だけではいずれ立ちゆかなくなる、新たな活路を見出さなくては。この思いをともにして、ちょっとやそっとうまくいかなくても歯を食いしばりながら、明るく前向きに日々の仕事に取り組んだ。

 逆境となると、もう夢しかなかった。

 大きな夢も小さな夢も、みんなとはたしたときの嬉しさは、どれも格別のものだった。

 そんな時間を経たからこそ、いまの私が最も大切にしているもの。

 それは、「感動のない仕事は仕事ではない」という思いだ。

 経営は、ひとに感動を与えるためにある。

 経営は、感動することからはじまるのだ。

 こんな思いで、本書『感動経営』を書き上げた。
 この一冊で、読者の皆さんを感動させることができたなら、私もまた書いた者として感動することができる。
 ぜひ、素晴らしい感動の授受を。

 本書の「おわりに」にも感動エピソードがありますので、ぜひご覧ください。


【ダイヤモンド社書籍編集部からのお知らせ】

『感動経営――世界一の豪華列車「ななつ星」トップが明かす49の心得』
唐池恒二:著 価格(本体):1600円+税 発行年月:2018年9月  判型/造本:四六並製、336ページ ISBN:978-4-478-10519-1

【天狼院書店店主・三浦崇典氏絶賛!】売れています!
「まず、『感動経営』を読んで、自分でも驚いたのは泣けることだ。
 本書は、テーマからすれば精神論で押し切る方法もあっただろう。
 だが実に細かいコツのようなものがちりばめられていて、
 今から実践できることが満載の実用書なのだ。
 感動を創るための実用書。
 もしかして、これまでなかった本なのかもしれない」
(「日経ビジネス」2018年12月10日号より一部抜粋)

☆10/13「西日本新聞」に大きく掲載!
☆発売たちまち4刷! 『ビジネス・ブック・マラソン』でも、「下手なテクニック論の10倍役に立つ、気づきの多い内容」と紹介!

☆紀伊國屋書店新宿本店「総合(和書)」「ビジネス書」ベストセラー1位
(9/24~30)
☆紀伊國屋書店 梅田本店「総合」「社会(ビジネス)」ベストセラー1位(9/10~16)
☆丸善 丸の内本店「ビジネス書」ベストセラー1位(9/6~12)
☆紀伊國屋書店福岡本店「社会」ベストセラー1位(9/10~16)
☆紀伊國屋書店アミュプラザおおいた店「社会」ベストセラー1位(9/10~16)
☆丸善博多店「ビジネス」ベストセラー1位(9/9~16)
☆ジュンク堂福岡店「ビジネス書」ベストセラー1位(9/16~22)

☆『カンブリア宮殿』で話題沸騰!

☆最高競争率316倍!
 世界一の豪華列車「ななつ星」
 初公開・感動秘話、一挙公開!

☆赤字300億円から
 黒字500億円へ!
 8年連続増収!

☆経営の原理原則を トップがはじめて説く!
◆感動のない仕事は仕事ではない
◆異端を尊ぶと会社は元気になる
◆管理職手当とは「靴代」である
◆「序・破・急」が感動をつくる
◆「挨拶、夢、スピード」が組織を元気にする
◆文書は、明朝体よりゴシック体一枚で
◆2メートル以内で語り合えば、何でも解決する
◆数字は細かくすると楽しくなる
◆赤字2億円→黒字1000万円→過去最高益になった外食店
◆落合流を経営に活かしたら、売上がぐんぐんアップ

☆あの真っ赤な新型高速船「クイーンビートル」で話題のデザイナー水戸岡鋭治氏が装丁!
☆「話が面白すぎる」と講演依頼殺到中の著者、話題沸騰の書!

◆この一冊で、今日からあなたの会社のひとたちも、
 ☆心の底から「感動」するようになる!
 ☆みんな「元気」になる!
 ☆とことん「楽しむ」ようになる!
 ☆みんな「伝え方」がうまくなる!
 ☆「気づき」が生まれ、コミュニケーションが密になる!
 ☆なんでも「つくって」やろうと「自前主義」の文化が育まれる!
 ☆「時代を読む力」が養われる!
 ☆がっちり儲かる !

ご購入はこちらから!↓
[Amazon.co.jp][紀伊國屋書店BookWeb][楽天ブックス]

【もくじ】
☆はじめに
☆第1章 仕事はひとを感動させる

 1 感動のない仕事は仕事ではない
 2 音楽はひとの心を動かす
 3 思いと手間が感動を呼ぶ
 4「序・破・急」が感動をつくる
 5 感動するひとこそ、ひとを感動させる

☆第2章 仕事はひとを元気にする
 6「挨拶、夢、スピード」が組織を元気にする
 7「氣」はあらゆる元気のもと
 8「氣」が満ちあふれる5つの法則
 9「行動訓練」で連覇を成し遂げた“JR九州櫻燕隊”
 10 夢みる力が「氣」をつくる
 11 農業はひとを元気にする
 12 異端を尊ぶと会社は元気になる
 13 企業30年説に負けないぞ
 14 誠実、誠実、そして誠実

☆第3章 仕事は楽しむもの
 15 数字は細かくすると楽しくなる
 16 掃除は職場を楽しくする
 17 楽しみながらコスト削減しよう
 18 どんな悩みも楽しくなる3つの処方箋
 19 売上アップには、接客サービスの向上しかない
 20 サービスとコストはいつも二律背反
 21 安全は赤ちゃんと同じ
 22 隠蔽は百たたきの刑!
 23 まわりのひとを楽しくすると、自分も楽しい
 24 非常識はおいしい
 25 見えないところも全部きれいに
 26 管理職手当は靴代
 27 メモ魔になるべし

☆第4章 仕事とは伝えること
 28 「伝える」プロになる5ヵ条
 29 情報は3つに絞りこむ
 30 あえて手書きにする効用
 31 文書は、明朝体よりゴシック体・一枚で
 32 2メートル以内で語りあえば、なんでも解決する
 33 ネーミングは親の気持ちで
 34 すぐに会いにいけば、トラブルも楽しくなる
 35 任せたら、任せきる

☆第5章 仕事とは気づくこと
 36 ビッグデータより「自分マーケティング」
 37 気づきは3段階のマーケティング
 38 顧客づくりのヒントは、子どもたちにあり

☆第6章 仕事とはつくること
 39 「つくる」ことに立ち返れ
 40 まちづくり10の極意
 41 落書きも立派なデザイン
 42 「イベントと食」がまちづくりを支える

☆第7章 仕事とは時代を読むこと
 43 トップは決断しにくいときに決断する
 44 リーダーは「生涯の先生」となれ
 45 期待値をとことん上げれば、社員はどんどん伸びる
 46 外国人は何しに日本へ?
 47 デンソーの驚くべきモノづくり、人づくり
 48 世界はすさまじい勢いで変化している
 49 明治維新150年の教え
☆おわりに

<内容紹介>
赤字300億円のどん底から、どうやって黒字500億円になったのか?
『カンブリア宮殿』(テレビ東京系)に著者出演で話題沸騰!
どんな業種でも役立つ経営の原理原則!
弱小組織が逆境と屈辱から這い上がってどうやって成果をあげるか。人をどう育てるか。お客さまをどう感動させ続けられるか。新規事業のアイデアはどうしたら次々浮かぶようになるか。
企画からマーケティングの上流から下流、すべての現場で格闘してきた著者にしか語れない再現性のある“技術と精神”。
8年連続増収! 37グループ会社を率いるトップが明かす49の心得!
ほとんどの人が乗れない「ななつ星」感動経営の裏側を覗き見する!

[著者プロフィール]
唐池 恒二(からいけ・こうじ)
九州旅客鉄道株式会社 代表取締役会長。
「三島JR」と称され、300億円の赤字というどん底のスタートを切った同社にあって、全社員と共に逆境と屈辱から這い上がり、500億円の黒字(2017年度)に導いた立役者。同社は現在、売上の6割を鉄道以外の収入にして8年連続増収中。高速船、外食、不動産、建設、農業、ホテル、流通など37のグループ会社を伴い、連結の売上額は4133億円、経常利益670億円(2017年度)を計上。
1953年4月2日生まれ。1977年、京都大学法学部(柔道部)を卒業後、日本国有鉄道(国鉄)入社。1987年、国鉄分割民営化に伴い、新たにスタートした九州旅客鉄道(JR九州)において、人気温泉地・由布院の魅力を凝縮した「ゆふいんの森」や、浦島太郎の竜宮伝説をテーマにした「指宿のたまて箱」など、11種類のD&S(デザイン&ストーリー)列車をつくり、次々大ヒット。列車を「移動手段」から「観光資源」へと昇華させた。
1991年に博多~韓国・釜山間にデビューした高速船「ビートル」就航に尽力。さらに、大幅な赤字を計上していた外食事業を黒字に転換させ、別会社化したJR九州フードサービスの社長に就任。2002年には、同社でみずからプロデュースした料理店「うまや」の東京(赤坂)進出をはたし、大きな話題に。
2009年6月、同社代表取締役社長。2011年には、九州新幹線全線開業、国内最大級の駅ビル型複合施設「JR博多シティ」をオープン。2011年に制作指揮した「祝! 九州」のテレビCMは「カンヌ国際広告祭」アウトドア部門金賞受賞。2013年10月に運行を開始し、総工費30億円をかけ世界一の豪華列車とも称される「ななつ星 in 九州」では、企画立案からデザイン、マーケティングまで陣頭指揮を執り、大人気となる。2014年6月、同社代表取締役会長。2016年には、長年の悲願であった東証一部上場を実現。2018年7月には、中国・アリババグループとの戦略的提携を発表。今後の動向にさらなる注目が集まっている。
【JR九州HP】https://www.jrkyushu.co.jp