国益と経済 経済安全保障の時代

国益と経済 経済安全保障の時代

世界に幽霊が出る。国益という幽霊である――。米中対立をきっかけに、各国政府が自国の経済活動に「国益の視点」を求め始めている。冷戦終結以来、自由経済の下で流動してきたヒト・モノ・カネ。だが今後は、「安全保障的に問題なし」のお墨付きを求められかねない。さらには経済ツールを動員して、他国に打撃を与える動きも活発化しつつある。これは海の向こうの話ではない。今まさに、日本で進行していることである。いったい何が起こっているのか?あらゆるビジネスを左右し得る「経済安全保障」の論理と手法を、全4話で解剖する。

アクセスランキング

  • 1時間
  • 昨日
  • 1週間
  • 会員
TOP