肝臓

概要

肝臓は、腹部の右上(みぞおちの右側)に位置している体内で最も大きな臓器で、成人では質量1kg前後に達する。働きは、代謝、解毒、胆汁の生成・排出の3つ。胃や腸で分解・吸収された栄養素を体が利用しやすい物質に変えて貯蔵し必要に応じてそれらを分解・合成してエネルギーなどを作る。アルコールやタンパクの消化吸収の際に生じるアンモニアなどの有害物質の無毒化をする。胆汁は、脂肪の吸収やタンパクの分解に役立ち、コレステロールの排出にも影響する。

「肝臓」の記事の著者

アクセスランキング

  • 1時間
  • 昨日
  • 1週間
  • 会員
TOP