ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
エコカー大戦争!

中国の自動車バブルは崩壊しても一時的?
パクリの減少と独自開発車の増加で
日本の優位はあと3年で崩れる

「北京モーターショー」核心レポート第一弾!

桃田健史 [ジャーナリスト]
【第42回】 2010年4月28日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 「(昨年からの)勢いは続いています。ただ、(2010年の)1~3月期で(当社の)前年比70%増は、ちょっと過熱気味ですね。今年後半は少し(販売が)落ちてくると思っています」 

 Auto China 2010 (通称・北京モーターショー/中国国際展覧中心新館・中国北京市/一般公開日・2010年4月27日~5月2日)の報道陣向け公開日である4月23日午前、日産ブースでの記者会見の直後、日産中国投資有限公司の橋本泰昭・総経理は中国市場の見通しをこう表現した。

リーマンショックの急激な反動増
トヨタすらリコール問題の影響なし

 「ニーハオ」。

北京市南部にある一汽トヨタのディーラー。土曜日で顧客イベント開催中。

 その翌日24日午後、北京ショー会場とは天安門広場などがある北京市中心部を挟んで反対側、北京市南部の一汽トヨタのディーラー。歓迎の意を示す赤いたすきを掛けたスーツ姿の営業マンが、緊張した面持ちで出迎えてくれた。同店の2009年売り上げ台数は1400台、一汽トヨタは中国全土に約360店舗ある。

 店内ではちょうど、顧客対応のイベントとして中国式の囲碁大会が開催されていた。こうした販売促進活動は毎週のように行われており、店内中央には、自転車、大型テレビ、ネットブックコンピュータ、足裏マッサージ機などのイベント景品が山積みされている。まるで、昭和40年代の日本国内トヨタ販売店のようだ。

 扱う車両は、エントリーモデルの小型4ドアの「VIOS」、主力製品の「カローラ」、その先に「REIZ(日本のマークX)」、そして店の一番奥に「クラウン」の専用展示スペースが設けられている。これも昭和40年代のトヨタの日本における販売手法『いつかは、クラウン』を思い起こさせる。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


おすすめの本
おすすめの本
好評発売中!
「エコカー世界大戦争の勝者は誰だ?」

ハイブリッド車、電気自動車、燃料電池車の共存でビジネスモデルは混沌!トヨタ、ホンダ、日産、三菱など日本メーカーは世界で勝てるのか?年間飛行機移動時間が最も長い日本人自動車ジャーナリストが世界のエコカー事情を徹底取材。市場・インフラ、技術、政策、各社の戦略を詳細かつヴィヴィッドにレポート!

話題の記事

桃田健史 [ジャーナリスト]

日米を拠点に世界各国で自動車産業の動向を取材するジャーナリスト。インディ500、NASCARなど米国レースにレーサーとしても参戦。自動車雑誌に多数の連載を持つほか、「Automotive Technology」誌(日経BP社)でBRICs取材、日本テレビでレース中継番組の解説などを務める。1962年生まれ。著書「エコカー世界大戦争の勝者は誰だ?」好評発売中


エコカー大戦争!

「エコカー=日本の独壇場」と思っているとすれば、それは大間違いだ。電気自動車、ハイブリッド車を巡る市場争奪戦はこれからが本番。日本は序盤戦を制したに過ぎない。世界規模の取材でエコカー大戦争の行方を探る。

「エコカー大戦争!」

⇒バックナンバー一覧