HOME

メタボリック

肝臓

腰痛・肩こり

高血圧・高脂欠症

うつ・ストレス

ニオイ

薄毛

老化防止

禁煙

男の病気

「引きこもり」するオトナたち

「親には生きていてもらわないと困る」
“消えた高齢者”の背景にある引きこもり問題の根深さ

池上正樹 [ジャーナリスト]
【第35回】

 子が親の死を隠し、親の年金を不正に受け続ける。そんな「消えた高齢者」の問題が、連日のように報道されている。

 9月1日、大阪府和泉市の民家の洋服ダンスから、生存していれば91歳になる元銀行員男性の遺体が死後5年ほど経って見つかったケースでは、同居していた無職の長女(58歳)が、元銀行員名義の口座に振り込まれる年間約180万円の厚生年金や16万円余りの給付金を受給していたと報じられている。

 9月2日付の共同通信によれば、「長女は同市に転居してから約30年間、生活保護を一度も申請せず、父親の年金を頼りに暮らしていたとみられる」「近所の人によると、長女はあまり外出せず、自身の仕事の収入はなかった」という。

 地元で取材している記者に聞いてみても、やはり「この家庭の生活実態は、ほとんどなかったようだ」と話していた。

 一連の問題の発端となった東京都足立区の111歳とされる男性が白骨化遺体で見つかった家庭は、雨戸を閉め切った2階建て住宅に中高年の4人が生活。男性が生存しているように装い、遺族共済年金915万円を不正受給していたとして、81歳の長女と53歳の孫が詐欺容疑で逮捕された。

 8月28日付の毎日新聞によると、この家族も近所付き合いがほとんどなく、「町内会の集まりに顔を出したこともないし、道で会っても目を伏せるだけだった」「人を寄せ付けない雰囲気があった」という。

「引きこもり」を隠そうとするために
家族までもが地域から孤立していく

 これらのニュースを目にしてきて、ふと気づいたことがあった。

 当連載でも指摘してきたように、最近、内閣府の報告などによって、「引きこもり」の中核層は、コンビニや図書館などに出かけたり、趣味の用事のときだけ外出できたりするのに、社会や人とはつながることのできない人たちであることが新たにわかってきた。

1 2 3 4 >>
このページの上へ

池上正樹 [ジャーナリスト]

通信社などの勤務を経て、フリーのジャーナリストに。主に「心」や「街」を追いかける。1997年から日本の「ひきこもり」界隈を取材。東日本大震災直後、被災地に入り、ひきこもる人たちがどう行動したのかを調査。著書は『ひきこもる女性たち』(ベスト新書)、『大人のひきこもり』(講談社現代新書)、『下流中年』(SB新書/共著)、『ダメダメな人生を変えたいM君と生活保護』(ポプラ新書)、『あのとき、大川小学校で何が起きたのか』(青志社)など多数。TVやラジオにも多数出演。厚労省の全国KHJ家族会事業委員、東京都町田市「ひきこもり」ネットワーク専門部会委員なども務める。YAHOO!ニュース個人オーサー『僕の細道』

 


「引きこもり」するオトナたち

「会社に行けない」「働けない」――家に引きこもる大人たちが増加し続けている。彼らはなぜ「引きこもり」するようになってしまったのか。理由とそうさせた社会的背景、そして苦悩を追う。

「「引きこもり」するオトナたち」

⇒バックナンバー一覧