ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
絶滅危惧種なお仕事ガイド

ゴルフ場不況で、派遣が急増!
価格競争とサービス向上の間に揺れるキャディの危機

曲沼美恵 [ライター]
【第7回】 2010年9月30日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 ゴルフは通常、18ホールを4人1組で回る。この4人の荷物を運び、スムーズにプレーが進行するよう、お世話をしたり、アドバイスをしたりするのがキャディだ。

 そのキャディが今、危機に瀕しているという。

バブル崩壊後の過当競争だけではない
ゴルフ場が恐れる「2015年問題」

 「18ホールで40組入ったとして、2人に1人付けると最低でも80人。勤務時間は不規則だから、在籍数で言うと……かつてはひとつのゴルフ場に100人くらいのキャディは必要だったと思いますね」

 そうすらすらと計算するのは、ゴルフ場のコンサルティングを手がけるメリージャンクション専務の前田晴美さんだ。むろん、2人に1人もキャディが付いていたのはバブルの頃の話である。

 バブル崩壊で、それが4人に1人に戻れば、単純計算でキャディの数はおよそ半分に減る。景気悪化とともにキャディの付かないセルフプレイも増え、ゴルフ場に所属するハウスキャディの数はどんどん減っている。

 「今はせいぜい、ひとつのゴルフ場に20人から40人くらいでしょうか」と、前田さん。

 キャディと言えば、かつては「半農半キャディ」と言われるほど、農家の主婦が片手間にするアルバイトのイメージが強かった。それがゴルフ人口の増加に伴いサラリーマンの主婦層にも広がり、パートタイマーや正社員としても定着。今ではそれが重荷となり、コンペなど必要な時だけ駆けつける「派遣キャディ」に置き換えられている。

 ゴルフ場がこれまでおもなターゲットとしてきた団塊世代は、2015年を境に全員が65歳以上となる。若者や女性のゴルフプレイヤーが多少増えつつあるものの、現状のままでは、74歳までをターゲットに取り込んでいかないと経営が成り立たない。これを、ゴルフ場の「2015年問題」という。

 「介護や看護に精通したキャディさんが必要になりますね」

 「今でも、ひとつのゴルフ場あたり年に2、3回は救急車を呼ぶ事態が発生していますから。あり得る話です」と応じる前田さん。

 しかし、プレイヤーの高齢化が即、キャディを救うことにつながるかというと、そうでもないらしい。

 手押し車のカートが電動で動くようになり、さらには車のように運転できる乗用カートへと進化するにしたがい、ゴルフ場内での移動は随分と楽になってきている。

 こうなると、現金なもので、一回あたり3000円から5000円のキャディフィーを惜しむ声はますます高まる。

 要するに、求められるものは高くなるのだが、それに応じた報酬は得られそうにない。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

曲沼美恵[ライター]

1970年生まれ。大学卒業後、日本経済新聞社に入社。2002年からフリーに。近年はビジネス誌やウェブサイトで、ルポルタージュやインタビュー、コラム等を執筆。近著に『メディア・モンスター:誰が黒川紀章を殺したのか?』(草思社)がある。仕事に関する情報はブログでも紹介中。「ニュース」より「人」に興味あり。

 


絶滅危惧種なお仕事ガイド

「もう食えないかも」「このままだと絶滅」と言われる産業に従事する人々のなかにも、実は意外にしぶとく生きている人たちがいる。日本一でもなく、世界一でもない、「最後の下駄屋になること」を目指して働く職業や人々を追いかけ、「崖っぷちの中に見える希望」を探る。

「絶滅危惧種なお仕事ガイド」

⇒バックナンバー一覧