孫子では、情報戦の重要性についても繰り返し指摘している。「而(しか)るに爵禄(しゃくろく)百金を愛(おし)みて、敵の情を知らざる者は、不仁(ふじん)の至りなり」(間諜への報酬を惜しんで敵の情報を収集しようとしないのは不仁の至りである)。三菱重工業の宮永俊一社長は「グローバル経営におけるインテリジェンスの重要性をいつも意識するため」にこの言葉を覚えている。