<女性>
(1)最高値→3億円
 例えですが、不倫は宝くじに当選したような高揚感が一瞬でも体験できると感じたので。あぶく銭と言われるように、不倫も何か共通点があるように思います。うたかた、シャボン玉…こんなイメージがあります。

(2)最低値→0円
 罪悪感の中で密会なので。

(3)印象的な回答
・5000万円
 不倫した相手が独身、私は既婚ですが、私が元旦那と離婚し、彼と結婚しました。彼に結婚したいと言われたから、頑張って離婚したかも。彼もまもなく定年ですが、借金がないので、退職金がまるまる残ります。(離婚せずに元夫に養ってもらう場合と比べ)不倫をして失ったものは今のところありません。女性として新しく「生き直し」ができて、新しい命を得た気がします。お金には換算できないほどの幸せと充実感があります。

・500万円
 旦那とは違う相手がいいと思って、リスクを犯してまで(エッチを)するので、旦那よりも年収が高い相手じゃないと。だから、旦那の年収ほどの満足感があります。

・1万円
 慌ただしいなか、2~3時間の逢瀬、そのときに使うホテル代がだいたい1万円くらい。その間は人の目を気にすることなく彼と二人きり。こういう言い方は本当は嫌なのですがお金を払って幸せな時間を得ている感があります。

不倫を「魅力的な恋愛」だと
感じる人の共通点

 ここまでアンケートの結果を紹介してきましたが、あなたが真っ先に知りたいことは「不倫の言い訳」ではなく「不倫の動機」ではないでしょうか?まずは今年世間をにぎわせた有名人の不倫のケースを見てみましょう。

 タレントのベッキーさんはゲスの極み乙女。・川谷絵音さんとの不倫が報じられたとき、前もって2人で「友達で押し通す予定!」と示し合わせた上、謝罪会見のなかで嘘を並べたせいで、テレビ等のレギュラーの座をすべて失い、未だに完全復帰できず。歌舞伎俳優の中村橋之助さん(現・中村芝翫さん)は芸妓との不倫が報じられたとき、「今は襲名披露公演に集中させてほしい」と、家庭より仕事を優先することで、妻に許してもらい、事なきを得たり。そして落語家の桂文枝さんは20年来、親密な関係にあった女性の存在を報じられたとき、「娘のような関係で応援していただけ」と苦しい弁解に終始し、20年も尽くし続けた女性への言葉はないまま風化させたり。