ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
スマートフォンの理想と現実

ジョブズ後のアップルを飲み込む
“スマートフォンの大衆化”というレッドオーシャン

クロサカタツヤ [株式会社 企/株式会社TNC 代表]
【第6回】 2011年9月7日
著者・コラム紹介バックナンバー
previous page
6

この先は誰にとっても難しい

 スマートフォンの大衆化とは、大半の端末がスマートフォンとなるということである。これはiPhoneがこれまで進めてきたイノベーター層相手の商売とは異なり、マジョリティ層、つまりフツーの人々がスマートフォンを使うということを意味する。この人々は、イノベーター層とは、およそ正反対といえる。

 たとえばフツーの人々にとって、問題が何なのかは実のところよく分からず、またそれが分かったところで「誰かに解決してもらうもの」である。またリスクについての知見もないので、オプトアウトよりはオプトインを「なんとなく好む」という程度に保守的である。当然ながら、困った時にはパソコンを使うというような器用さは、持ち合わせていない。

 一方でフツーの人たちにしてみれば、スマートフォンが何なのかは、まだよく分からないはずである。おそらくこの先にスマートフォンを買い求める人たちは、明示的にスマートフォンを欲しいというのではなく、画面が大きくて字が見やすそうだとか、単純に販売店で一番安かったとか、その程度の購入理由に過ぎない。

 そのわりにスマートフォンは、いろいろなことができる。そしていろいろなことができることで生じるリスクは、トラブルが起きてからでないと分からない。そうした問題は、すでに販売店店頭の混乱という形で表出している。また今後は、パートナーを遠隔追尾して浮気チェック等に役立てようとするサービスを使ってみたら、プライバシー侵害で訴訟沙汰となった、というような形でますます顕在化するだろう。

 こうした大衆化に伴う問題からは、Appleとて逃れることはできない。エコシステムを一定規模で維持するためには、トップである必要はないにせよ、ある程度はシェアを確保しなければならない。しかし成長市場においてシェアを維持するということは、一定の成長を維持するということに他ならず、市場の拡大に伴い〈これまでとは違うお客さん〉も相手にしなければならなくなる。そしてAndroidがiPhoneよりも大きなリスクを抱えることになるのは、言わずもがな。

 過去を振り返ってみれば、パソコンが一定の社会的地位を得るまでに、日本では20年近くの時間を要した。そうした過去の実績の上に立ち、また供給側の都合により半ば強制的にガラケーからの移行を促されることもあり、スマートフォンはそこまで時間を要することはないだろう。ただし社会の中で本当に定着するには、相応の時間を要することになる。実際海外では、位置情報取得問題をはじめ、様々な分野で消費者との間での係争が起き始めており、スマートフォンはすでは難しい時代に突入した。

 そうした時代の先駆けとなったiPhoneを作り出したのは、紛れもなくAppleとジョブズ氏であり、その功績はもちろん称賛されるべきものだ。ただ、iPhoneによって自らが招いた困難な時代が本格化する前の引退となった。そう考えると、もしかすると同氏の引退は、結果的に「勝ち逃げ」だったのかもしれない。

previous page
6
IT&ビジネス
クチコミ・コメント

facebookもチェック

クロサカタツヤ
[株式会社 企(くわだて)代表取締役、慶應義塾大学特任准教授]

1975年生まれ。慶應義塾大学・大学院(政策・メディア研究科)修了後、三菱総合研究所にて情報通信分野のコンサルティングや国内外の政策調査等に従事。その後2007年に独立し、現在は株式会社企(くわだて)代表として、通信・メディア産業の経営戦略立案や資本政策のアドバイザー業務を行う。16年より慶應大学大学院政策・メディア研究科特任准教授。


スマートフォンの理想と現実

2011年はスマートフォンの普及が本格化する年になる…。業界関係者の誰しもがそう予感していた矢先に発生した東日本大震災は、社会におけるケータイの位置づけを大きく変えた。しかし、スマートフォンの生産に影響が及びつつも、通信事業者各社はその普及を引き続き目指し、消費者もまたそれに呼応している。震災を受けて日本社会自体が変わらなければならない時に、スマホを含むケータイはどんな役割を果たしうるのか。ユーザー意識、端末開発、インフラ動向、ビジネスモデル等、様々な観点からその可能性と課題に迫る。

「スマートフォンの理想と現実」

⇒バックナンバー一覧