ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
スマートフォンの理想と現実

誤報なら良かった!このまま撤退で良いはずがない
シャープのガラパゴス事業に期待される進化

クロサカタツヤ [株式会社 企/株式会社TNC 代表]
【第7回】 2011年9月21日
著者・コラム紹介バックナンバー
previous page
4
nextpage

 しかし、これをきっちりとやり遂げたのが、アップルである。彼らはiPod時代から、レコード会社ときっちり話をつけて、iTunesで楽曲販売を続けてきた。そしてiPhoneやAppleTVにおいてもその経験を活かし、コンテンツをしっかり囲い込むための戦略を進めてきた。そうして自らがリスクを引き受けることで、コンテンツホルダーから一定の信頼を得てきたのである。

 シャープがこれからもガラパゴス事業を推進するならば、少なくとも彼らが主なターゲットと定めている領域と市場においては、こうしたアプローチに取り組まなければならない。仮にそれが日本国内を中心とした電子書籍市場なのだとしたら、書籍の流通構造の強固さを考えると、よほどの劇的な環境変化が生じない限りは、コンテンツホルダー側が自ら歩み寄ってくることはない。やはり彼らも、親子丼を作るしかないのだ。

ここでも求められるスピード感

 問題が複雑であり、それを解決するには主体的に市場を開拓しなければいけない。しかし無理をしては元も子もない。おそらくシャープ自身もそれを理解した上で、ガラパゴス事業をじっくり育てようとしているのだろう。その気配は、端末販売の方法やコンテンツ・ラインナップからも、うかがうことができる。

 そうしたアプローチで着実に市場開拓できるのであれば、私もその方がいいと思う。ただ、現実は厳しい。おそらくそのスピード感では、市場は認めてくれないだろう。そしてそれは、今後こうした分野に参入を予定している、すべての事業者に共通の課題でもある。

 急ぐべき理由の一つは、コンテンツホルダーの限界が訪れつつある、ということ。書籍業界が顕著だが、すでに雑誌はあちこち姿を消し始めており、出版社も事実上の倒産や吸収合併が相次いでいる。発行が継続しているように見える雑誌等でも、出版者や制作者が微妙に変化していたりすることは、もはや見慣れた光景とも言える。

previous page
4
nextpage
IT&ビジネス
クチコミ・コメント

facebookもチェック

クロサカタツヤ
[株式会社 企(くわだて)代表取締役、慶應義塾大学特任准教授]

1975年生まれ。慶應義塾大学・大学院(政策・メディア研究科)修了後、三菱総合研究所にて情報通信分野のコンサルティングや国内外の政策調査等に従事。その後2007年に独立し、現在は株式会社企(くわだて)代表として、通信・メディア産業の経営戦略立案や資本政策のアドバイザー業務を行う。16年より慶應大学大学院政策・メディア研究科特任准教授。


スマートフォンの理想と現実

2011年はスマートフォンの普及が本格化する年になる…。業界関係者の誰しもがそう予感していた矢先に発生した東日本大震災は、社会におけるケータイの位置づけを大きく変えた。しかし、スマートフォンの生産に影響が及びつつも、通信事業者各社はその普及を引き続き目指し、消費者もまたそれに呼応している。震災を受けて日本社会自体が変わらなければならない時に、スマホを含むケータイはどんな役割を果たしうるのか。ユーザー意識、端末開発、インフラ動向、ビジネスモデル等、様々な観点からその可能性と課題に迫る。

「スマートフォンの理想と現実」

⇒バックナンバー一覧