「日本酒の普及には教育こそが何より大切」との考えから、ただブースを並べるだけの試飲会にとどまらず、「アトリエデギュスタシオン」と銘打った利き酒セミナーでは、パリを代表するパティシエ ジャック・ジュナン氏が勧めるデザートとのマリアージュや、羊のチーズやバニラアイスクリームの燻製、サフランやトウガラシなどのスパイスを効かせたフランス料理など、日本人には思いもつかないようなテーマで日本酒とのペアリングを提案した。

 今年ミシュラン2つ星をとったばかりのレストラン「Kei」のシェフ小林圭さんも、「フレンチに合わないかぎり、日本酒は定着しない」との考えから、あえて日本風の料理を避け、「手取川」の山廃にシェーブルチーズのムース、「真澄 山花」に柑橘系のデザートを考案。「華鳩」貴醸酒×鳩とフォアグラのパイ包みも拍手喝采で迎えられた。

どうすれば日本酒が広がるか
熱い討議も繰り広げられた

イベントを主催するユエ・シルヴァンさん。10年にわたり日本酒の啓もう活動を展開

 このイベントはまた、ヨーロッパで日本酒を広げようと活動を続けるインポーターや販売店の情報交換の場でもある。

「ヨーロッパ酒サミット」では、ヨーロッパ12ヵ国で日本酒をプロモートする方々が登壇し、どうすれば日本酒が広がるかについて熱い討議も繰り広げられた。

「日本のお酒の魅力をどうすれば伝えられるか」「自国の文化にどう合わせられるか」を話し合っている姿を見ていると、日本人の知らないところで日本酒の舞台が広がっていることを実感させられる。

 例えば、日本人は皆、紹興酒が中国のお酒であることを知っているが、その原料が何で、どのように作られているのか、どんな種類があるのか知る人はそれほど多くないだろう。

 海外における日本酒も、同じような位置づけといえる。ラベルを見ても日本語だけではちんぷんかんぷんだし、蔵元にしても海外市場にどう売ればいいのかわからない。でも、海外の「日本酒サポーター」たちは、自国の文化にあわせた日本酒の魅力を発信しようとしている。