残業できない、残業を部下にさせられない環境下で生産性を上げていくには、仕事を圧縮していくしかなかった――。3社の外資系企業を渡り歩き、14年間かけて磨き上げてきた「仕事圧縮術」を公開!
新刊『すべての仕事を3分で終わらせる 外資系リーゼントマネジャーの仕事圧縮術』から、仕事を小さくしていくことで、「スピード」と「質」を最大化する仕事術を紹介していきます。「労働時間の長さ」「生産性の低さ」に対する課題をどのように乗り越えてきたのか、問題解決に役立つノウハウがあります。

仕事の成功は成果で決まる

岡田兵吾(おかだ・ひょうご)
マイクロソフトシンガポール シニアマネジャー
大阪生まれ。同志社大学工学部卒業後、アクセンチュア(日本、アメリカ)、デロイトコンサルティング(シンガポール)、マイクロソフト(シンガポール)のグローバル企業3社で21年間、シンガポール・日本・アメリカをベースに活躍。これまで、アジア全域の新事業開発、業務改善および組織改革に従事。現在マイクロソフトではシニアマネジャーとして、日本・韓国・オーストラリア・ニュージーランドの4ヵ国のライセンス監査業務の責任者を務める。
 また「アジア組織・改革リード」、「CSR(社会貢献活動)委員」等を兼任し、マイクロソフトでの働き方改革を評価されて数々受賞。世界トップレベルのIEビジネススクール・エグゼクティブMBA取得、同校のアルムナイ・シンガポール支部初代会長。米国PMP(プロジェクト・マネジメント・プロフェッショナル)認定資格保持。
 ダイヤモンド・オンラインにて「STAY GOLD!リーゼントマネジャー岡田兵吾の『シンガポール浪花節日記』」を連載中。人生目標は「ソーシャル・チェンジ」(社会変革)、座右の銘は「STAY GOLD!」。著書に、『すべての仕事を3分で終わらせる 外資系リーゼントマネジャーの仕事圧縮術』(ダイヤモンド社)がある。

 どんな仕事や会議であっても、時間をムダにしないためには、明確な目標を設定することが大切です。

 目標設定をする際のポイントとなるのは、「できそうな」目標の中で、最大限に高い目標を設定することです。

 私の所属部署であるマイクロソフト アジア・オペレーション・センターのCFOが、目標設定についてよく語っている言葉があります。

「人は目標を決める際、“自分が実現できるレベルの目標を定める”傾向にある。しかし高い成果を上げたいときは、実現が可能かどうかを推し量るのではなく、大きな志を持ってストレッチゴール(その人の能力をしのぐ目標)となるように、高い水準の目標を定めることが必要なのだ」

 彼は、目標を高く設定することで、おのずと視点が高くなるので、さまざまな選択肢が生まれて、結果として高い成果につながる。また、高い目標を設定しない限り、いつまでも小さな改善しか実現できず、高い目標があるからこそ、大きな変革を実現できると、高い目標設定の大切さを教えてくれました。

 高い目標設定を習慣化している人が、高い成果を生み出すことができるのです。

 ストレッチゴールは、達成できなくても誰も怒りません。自分の成長や可能性を最大化するためのビッグマウスは、上司も応援してくれます。

 自分一人でストレッチゴールを設定するのが厳しければ、上司にも相談して、頑張ればなんとか達成できるストレッチゴールを設定して、頑張ってみましょう。

 目標値を上げる努力を行ううちに、高い目標設定が可能となっていくものです。

 


■参考文献 部下の怒声で一念発起! 明日から「残業知らず」になり、「生産性」が爆発的にアップする「仕事圧縮術」