スマホゲーム「旅かえる」

旅に出るカエルを見守るだけの
日本のゲームが大人気

 今、中国で、日本の携帯ゲーム『旅かえる』がブームとなっている。

 筆者の周りにもプレーしている中国人が多い。中国人の友人に『旅かえる』について聞かれたが、最初は何のことか分からなかった。後で調べてみると、それは日本企業が作った携帯ゲームで、旅に出るカエルを見守るという内容だった。

 筆者は、てっきり登場キャラの面倒をずっと見るゲームなのかと思っていた。だが、旅に出るカエルの旅支度をしたり、たまに現れるカエルの友達のカタツムリにお土産を振る舞うことくらいしかやることはない、すごく単純なゲームだ。このゲームは日本語バージョンしかないが、日本語のできない中国人もプレーしている。

 ある30代男性にこのゲームをなぜ始めたかと聞くと「ゲームといえば、今までは戦うものが多かったんですが、『旅かえる』のような、ほのぼのとしたゲームは初めてなので、面白いです」と流暢な日本語で答えた。

 微信(WeChat)の写真やテキストの共有機能である「朋友圏(モーメンツ)」を見ると、「私はこんな写真を、カエルに送ってもらった」と写真自慢をしたり、コマンドの日本語を中国語訳した記事を友達とシェアしたりする人もいた。