「なかなか英語が上達しない」「何度か英語にチャレンジしたけどうまくいかなかった」……そんな人は多くいることと思います。実は英語が上達しない人には多くの共通点があり、そこをクリアすれば誰でも英語は身につけられます。
 この連載では、3月1日に発売され、早くも増刷が決定した『世界で活躍する日本人エリートのシンプル英語勉強法』(戸塚隆将)から、内容の一部を特別公開します。

「何時間勉強すれば英語は身につきますか?」

「何時間勉強すれば英語ができるようになるのだろうか?」

 そんな疑問を持つ人は多くいるでしょう。これから自分の大切な時間を投入するのだから、当然の思考です。

戸塚隆将(とつか・たかまさ)
1974年東京都生まれ。慶應義塾大学経済学部卒業。ゴールドマン・サックス勤務後、ハーバード経営大学院(HBS)でMBA取得。マッキンゼー・アンド・カンパニーを経て、2007年、シーネクスト・パートナーズを設立、代表取締役に就任。同社にて企業のグローバル事業開発およびグローバル人材開発を支援するほか、HBSのケーススタディ教材を活用した短期集中型実践ビジネス英語プログラム「ベリタスイングリッシュ」を主宰。グローバル人材を輩出し続けている。著書に『世界のエリートはなぜ、「この基本」を大事にするのか?』(2013年、朝日新聞出版)があり、本書は20万部のベストセラーになった。

 しかし私は、このような質問には「あと何時間学習すればよいのか、という発想をしないようにしてください」とアドバイスします。現に英語学習で成果を出す人は、そういう発想をしない人が多いのです。

 そもそも私たちは、中学・高校などで英語の授業を受けてきました。そこで費やした英語学習の時間は何千時間という膨大な時間です。それなのに現実には、同じように授業を受けてきたにもかかわらず、英語ができるようになる人と苦手な人に分かれます。

 1000時間、2000時間と英語を勉強してきても、英語ができる人とそうでない人がいる。「何時間英語を学ぶかどうか」は成果には直結しないのです。つまり「◯時間勉強すれば英語ができるようになる」という発想自体が間違っているのです。

これをやればOKというものではない

 話は変わりますが、よく若い人から起業のアドバイスを求められることがあります。「どうしたら会社を経営することができますか?」「将来会社を上場させるにはどうすればいいでしょうか?」……このような質問に対して「これをすればかならず成功する」という答えはありません。

 成功者の代表例として、スティーブ・ジョブズ氏の言葉に目を向けてみましょう。ジョブズ氏はスタンフォード大学で行なった有名なスピーチの中で、以下のように語っています。

The only way to do great work is to love what you do.
(仕事で成果を出す唯一の方法は、自分の好きな仕事に取り組むことだ。)

 これは、これから世の中に出ていく学生たちに、ビジネスにおける成功の秘訣を語ったものです。ここで「好きなことに取り組みなさい」という抽象的なアドバイスをした理由は、結局ビジネスは「これとこれをやればかならず成功する」というものではない、ということでしょう。

 英語に話題を戻しましょう。

 「あと何時間」という発想は「質」を疎かにして「量」だけを追い求めてしまう悪循環を生みだします。「あといくつ単語を暗記したら英語を話せるようになるか」という発想も同様です。英語コミュニケーションは複合的で、単語を知っているかどうかだけで測れるものではありません。

「あと500時間勉強したら英語はできるようになる」「あと500個単語を覚えたら日常会話に困らなくなる」といった発想に逃げたくなる気持ちはわかります。しかし、英語を身につけるためには、このような発想の転換をすることがとても大切なのです。