日本酒は器の形や厚みでも
味が変わる

「味が全然違うんですよ。お酒は器の形や厚みでも味が変わります。下唇に器を当てた瞬間に味が決まってしまうんです。もちろんグラスを洗うのは大変ですけどね(笑)」と渡邉さん。

 また日本酒だけにとどまらず、ハイボールでも通常の居酒屋で出すウイスキーのグレードを1段階上げたものや、季節のフルーツを入れた「麹サワー」なども提供している。

「始めた時は何もかもが試行錯誤でした。どんなお酒を試飲会で出したらいいのか、量や値段はどうするか…。何回も打ち合わせをして、そしてやり直して。大変でしたが、来てくれたお客様に『美味しい』って言っていただけたのが本当に嬉しかったですね」。小林さんがにっこりと微笑みながら言ってくれた。

 今後は「座の市」だけではなく、4月28日、29日に開催される「高円寺びっくり大道芸」にも試飲ブースを出店する。イベントは基本的に小林さんと渡邉さんの2人で行う。親子以上に年の離れたコンビだ。小林さんの経験、そして渡邉さんの若さという強みを活かして、これからもお酒の美味しさをどんどん世の中に広めていってほしい。

(ジャイアント佐藤/5時から作家塾(R))