中国では電気自動車充電施設の設置も進められている Photo:Imaginechina/AFLO

「すごいぞ、中国」という映画を上映

 中国で映画『害了 我的国』が上映されている。日本語に訳すと『すごいぞ、中国』。その内容は、習近平政権の基盤強化のために作られたプロパガンダ映画である。

 この作品はドキュメンタリー映画。空撮を駆使したフィルムに映し出されるのは、世界最大の「500メートル球面電波望遠鏡」や、世界最大の海洋掘削装置「藍鯨2号」のほか、習政権下で成就した高速道路、橋梁、港湾など実在するものばかりだ。

「中国はすごい」という自画自賛、この空気感は言うまでもなく、「愛国主義こそが社会主義の核心的価値観だ」とする習近平国家主席の思想が大きく作用している。だが、中国人だけではない。中国から日本に戻った出張者たちも、異口同音に「中国はすごい」とうなる。

 ものつくり大学の田中正知名誉教授は最近、杭州の監視カメラのOEM工場を訪れた。ここで手掛けているのは、日本を含む世界の大手メーカーの製品だ。工場では最新鋭の自動機械が稼働、プリント・実装・分割・部品組み付けに至る基板製造の全工程をワンフロアで行っている。この現状に田中教授は絶句する。