もちろん、まだそれでけっこうですよ。私もこれくらいで、超・堅実派であるみなさんの気持ちを変えられるとは思っていません。
そこで、まずは次のグラフをご覧ください。これは、月1万円ずつを30年にわたって積み立てた場合の資産額の推移を「利回り別」に表したものです。

グラフのいちばん下は利回り0%の場合、つまり銀行預金です。ご覧のとおり、月々同じ金額を積み立てているだけなので、増え方は一定で、グラフも直線になっています。30年後には360万円が貯まります。

それに対して、その他のグラフは曲線を描いていますね。しかも、利回りが大きければ大きいほど、カーブの上向き度がどんどん激しくなっていることがわかります。
たとえば、年平均1%の利回りで運用しながら月1万円の積立を続けた場合、30年後の資産額は、預金(0%)よりも60万円ほど多く、約420万円です。さらに、利回りが7%になると、30年後にはなんと約1220万円。かなり大きな差が出ていることがわかります。