それが国会議事堂などの国会施設である。受動喫煙対策に力を入れる希望の党の松沢成文参議院議員は、「受動喫煙対策が一番進んでないのは実は国会だ」と呆れる。

 国会議員には愛煙家が多い。国会内には至るところに灰皿が置かれ、分煙対策も完璧ではない。たばこを吸わない人がいても、平然と喫煙している実態がある。ある厚労省幹部は、「議員自身がたばこ好きとあって、今回の受動喫煙対策はなかなか理解が得られなかった」と、骨抜きの原因が議員にもあると明かす。

 ちなみに、東京都では昨年の都議会選挙で都民ファーストの会が圧勝し、議会の控室が自民党と入れ替わったが、その際に都ファ関係者は目を疑ったという。「壁の色がたばこで変色していた」(関係者)のである。議会と喫煙は古くから切っても切り離せない関係があるということだ。

 さて、今回の受動喫煙対策で、国会が骨抜きになったとはどういうことか。

国会は喫煙専用室などが設置可能な
「原則屋内禁煙」エリアに

「昨年の厚労省案の中で、『官公庁』と示されていた箇所が、閣議決定案の中では『行政機関』になっている」と、関係者は指摘する。

「官公庁」という言葉は、一般的には役所や国家機関などを指す意味で用いられるが、明確な定義はなく、国会が含まれるのか含まれないのかははっきりしない。

 一方、「行政機関」は法律用語であり、明確に基準が決まっている。国会は、「立法機関」に当たるため、「行政機関」とははっきりと区別されるのだ。