不倫
写真はイメージです

浮気な恋は若者がするもの……などと考えている人は、今日び、すでにいないだろう。中高年の不倫は珍しい話ではなく、むしろ子育てが一段落し、時間ができた時期が危ないとも言われる。つい先日も、元アイドルの女性が20歳近く年の離れた大学生と「駆け落ち」をしたことが大きな話題となった。40〜50代から始まる母親の不倫について、経験者のエピソードを集めた。(取材・文/フリーライター 藤井弘美)

Twitterに始まった大騒動
学生と人妻の駆け落ち

 先日ツイッター上で、「母を探している」旨のツイートが世間に大きく広まった。ツイートをしたのはその母の息子や娘で、その内容には話題になる要素がいくつもあった。

「母」が元アイドルであること、41歳の母が21歳の大学生と駆け落ちをしたこと、駆け落ちの際に家族の口座から学費のために用意してあった200万円を引き出していたことなどである。この騒動は大きな反響を呼び、「戻ってきてほしい」という夫の声がテレビ番組内で紹介されるに至った。

 もちろん、父と子どもたちへの同情、母と駆け落ち相手への批判の声もあがったものの、一方で駆け落ちした母を「やむなし」としてかばう声も上がった。理由はいくつかある。

 視覚障害、かつ糖尿病を患っている父(夫)を母(妻)が長年面倒を見てきたこと、20代前後の子どもが4人いながら、家事や介護を母に任せっきりにしていたらしいことなどから、母への同情票も集まったのである。また、騒動の発端となったツイートでは駆け落ち相手の大学生の個人情報がつまびらかにされており、「人探しというより晒し目的に見える」といった声も聞かれた。

 駆け落ちが起こったからにはそこに両者ののっぴきならぬ恋愛感情があったのは確かだが、背景には家事・育児・介護に疲れて自由を求めた母の姿も予想される。