都市部の人材の有望副業先は
地方企業にあった!

都市部の人材が地方企業で副業をする
人材採用に苦戦している地方企業やベンチャー向けに、副業を希望する人を紹介する。リモートワークが可能な現代だからこその、新しい働き方だ

 このところ副業を解禁する企業が増加している。日産自動車、花王、リクルート、LINEといった大企業だけでなく、中小企業でも副業OKを打ち出すところが少なくない。そんな現状を背景に、副業を希望する人を対象としたWEBサービスが次々と立ち上がっている。

 昨年11月にスタートした「Skill Shift」(スキルシフト)は、地方の中小企業と都市部で働くビジネスパーソンをつなぐサービスだ。いま、地方の企業は専門的なスキルを持つ人材を求めているが、なかなか人が集まらない状況になっている。そういった人材は、どうしても都市部に集中してしまうため、地方では人材採用に苦戦しているのが現状だ。

「日本の人口は2008年がピークでした。わずか10年で人材採用は劇的に困難となり、もはや人材戦国時代と言っていいでしょう。人材の囲い込みが始まっている状態です」と話すのは、Skill Shiftを立ち上げた株式会社グルーヴス経営企画部の鈴木秀逸さん。

「地方では、ハローワークや求人誌で募集しても応募がほとんどありません。高度なスキルを持つ人は、高い年収でないと集まらない。金額がボトルネックなんです。とはいえ、中小企業側も採用できたとしても、月曜から金曜までフルでするほどの仕事量はないんです」(鈴木さん、以下同)

 そこで考え出されたのが、都市部で働くスペシャリストが、採用に苦労する地方の中小企業で、副業というスタイルで働く方法だった。副業なら、生活基盤を都市部に置いたまま、地方の仕事もできる。いわば「スキルのシェアリング」である。