外資系高級ホテルで働いていた実話をもとにした物語『天国おじい』から一部を抜粋、再構成して紹介します。
真面目に働いていたはずなのに、思いがけない失業で借金を重ね、起業しようとするも資金を持ち逃げされて無一文となり、おまけに原因不明の皮膚病にかかったりで仕事もままならず……。
そこで人生一発逆転を狙って、自己啓発やスピリチュアルにはまりまくったタイチ。
しかし、おかげで人生が好転するどころか、借金してまでセミナーなどに通いつめ、つぎ込んだ結果、借金は600万円にまでふくれ上がった!
「頑張れば結果が出るなんてウソだし、人生は不平等だ!」
そんなこんなで八方ふさがりになった主人公・タイチに、ある日突然、あり得ないことが起こり、以来、人生が好転していくことになったのです。そのあり得ないこととは……死んだ祖父「おじい」の声が聞こえてきたのです!
その声は折に触れ、タイチの質問に答え、叱咤激励してくれるようになりました。
アルバイト先の高級ホテルで本当に出会った、本物のお金持ちたちとのエピソードなど興味深い話が随所に織り込まれた物語は、読むだけで人生を好転させるために必要なことが理解できます。

こんなお金持ちは、ちっともうらやましくない!

石川大智(いしかわ・たいち)
1975年生まれ。設計職として企業に就職するも自己啓発やスピリチュアル関連のセミナーや講座に通いつめ借金を重ね始める。2008年、リーマンショックの影響で失業。知人の裏切り、原因不明の皮膚病などの不運に次々見舞われ、さらに増える借金に行き詰まっていたところ、「成功するにはお金持ちの実態を知ればいい」と思いつき、2010年より外資系高級ホテルでアルバイトを始める。そこでのお金持ちたちの実態に、それまで信じてきた自己啓発やスピリチュアルのノウハウに疑問を持ち始めたところ、2011年、死んだ祖父との対話が突然始まる。この対話を紹介したブログがライブドアブログ「哲学・思想」カテゴリ1位を獲得。2016年にホテルを辞め、現在はかつての自分のように人生に悩む人々を対象にカウンセラーとして個人セッションやセミナーなどを主宰している。〔イラスト:©shoyu〕

 どんなお客さまにも感謝の気持ちを持とうと思っていた矢先に、どうやっても感謝の気持ちが持てないお客さまに出会ってしまった。

 そのお客さまは20代半ばのご夫婦なのだが、スイートルームには3泊しかご予約をお取りできないことを了解してもらっていた。にもかかわらず、最終日に「もっと泊まりたい」と言いだしたのだ。
 もちろん、部屋が空いていれば何の問題もないのだが、あいにくスイートルームは満室だった。

「申し訳ございません。スイートルームでなければ空いているのですが」
「バカ言ってんじゃないよ! カネは倍払うから、なんとかしろよ」
「そうおっしゃられましても……」
 ボクは思わず奥さまに助けを求めて目を向けた。
 だが、こちらもなんと、ご主人と同じようにムスッとした顔でボクをにらんでいる。

 お金で解決するという考え方が間違っているとは言わないが、身勝手なワガママを押し通すためにお金にものを言わせるなんて……。

 他のスタッフの力も借りて、この場はなんとか切り抜けられたものの、お金があるからって、うらやましく思えない人たちもいるんだなあって、つくづく考えさせられた。

 その夜。
 心も身体も疲れ切って帰宅すると、「おかえり」と言いながら母がコーヒーをいれてくれた。
 そう、ボクは2年前、母と妹が住む実家に出戻って5畳半の部屋を貸してもらっていた。
 債務整理を始めたものの、今もまだ借金はかなりあり、母に生活費を払えてはいない。だからなのか、母がコーヒーをいれてくれただけで何だか情けない気持ちになっていた。

 もうすぐ37歳になるというのに、ボクは何をしているのか。
 ここまでずっと母に迷惑ばかりかけているじゃないか。

 こんな気持ちになるのも、価値観を変えたからかもしれない。
 そのうち「成功」を手にできると思っていた頃には、母の小言なんてまったく聞こえてこなかったもの。