外資系高級ホテルで働いていた実話をもとにした物語『天国おじい』から一部を抜粋、再構成して紹介します。
真面目に働いていたはずなのに、思いがけない失業で借金を重ね、起業しようとするも資金を持ち逃げされて無一文となり、おまけに原因不明の皮膚病にかかったりで仕事もままならず……。
そこで人生一発逆転を狙って、自己啓発やスピリチュアルにはまりまくったタイチ。
しかし、おかげで人生が好転するどころか、借金してまでセミナーなどに通いつめ、つぎ込んだ結果、借金は600万円にまでふくれ上がった!
「頑張れば結果が出るなんてウソだし、人生は不平等だ!」
そんなこんなで八方ふさがりになった主人公・タイチに、ある日突然、あり得ないことが起こり、以来、人生が好転していくことになったのです。
そのあり得ないこととは……死んだ祖父「おじい」の声が聞こえてきたのです!
その声は折に触れ、タイチの質問に答え、叱咤激励してくれるようになりました。
アルバイト先の高級ホテルで本当に出会った、本物のお金持ちたちとのエピソードなど興味深い話が随所に織り込まれた物語は、読むだけで人生を好転させるために必要なことが理解できます。

「運」は「生まれた目的」と関係している

石川大智(いしかわ・たいち)
1975年生まれ。設計職として企業に就職するも自己啓発やスピリチュアル関連のセミナーや講座に通いつめ借金を重ね始める。2008年、リーマンショックの影響で失業。知人の裏切り、原因不明の皮膚病などの不運に次々見舞われ、さらに増える借金に行き詰まっていたところ、「成功するにはお金持ちの実態を知ればいい」と思いつき、2010年より外資系高級ホテルでアルバイトを始める。そこでのお金持ちたちの実態に、それまで信じてきた自己啓発やスピリチュアルのノウハウに疑問を持ち始めたところ、2011年、死んだ祖父との対話が突然始まる。この対話を紹介したブログがライブドアブログ「哲学・思想」カテゴリ1位を獲得。2016年にホテルを辞め、現在はかつての自分のように人生に悩む人々を対象にカウンセラーとして個人セッションやセミナーなどを主宰している。〔イラスト:©shoyu〕

 今日からボクが担当するお客さまの一人に、数週間前からエグゼクティブフロアのスイートルームに泊まり、半年間の超ロングステイを予定されている70代の女性占い師が加わった。
 不動産会社の会長もしているというそのお客さまの名前の欄には、「大城さま(仮名)」と書かれていた。

 毎日、ホテルのお部屋で仕事をしていて、昼間はドアを開けっ放しにしている。
 というのも、ひっきりなしに来客があり、ドア付近に置いてある3脚のイスには面会の順番を待つ人が常に一人はいる状態だったからだ。

 秘書のような人も何人かいて、指示を出す厳しい声が飛び交うのが聞こえてくることもあった。
 きっと、面会する人たちも相当なお金持ちばかりなんだろう。

 ボクがメイク(清掃)のためお部屋に入ると、占い師の老婦人は一人でポツンとイスに座り、静かに折り紙をしていた。
 邪魔にならないように、ボクが清掃を始めると……。
「あなた、私と話したいようね」
 ボクは何もしゃべっていなかったのに、どうして?
 老婦人は頰笑みながら、
「だって、全身からそういう気を発しているんだもの」
 そう言うと、折る手を止めて、こちらにゆっくりと目を向けた。

 ホテルのスタッフとして、基本的にお客さまと必要以上の話をすることはないけれど、お客さまから話しかけられたのなら別だ。
 ルームサービスや清掃の際にスタッフと会話するのを好むお客さまというのも珍しくないし、特にスイートルームに宿泊するお客さまの中には、コミュニケーションの意識からスタッフに声をかける方も多い。
 ボクはいいチャンスだと思い、思い切って質問してみた。
「あの……、大城さまは運についてどう思われますか?」
「運? そうねえ。それは、あなたが生まれた目的と関係しているわ
「生まれた目的ですか?」
「あなたは何をしたいの?」
 運が生まれた目的や自分がやりたいこととつながるなんて、ボクは考えたこともなかった。
「まだ決まっていないんです。自分がどうやって生きればいいのか、何をしたらいいのか……」
「あなたは『運』と『生まれた目的』を別々に考えているのね」
「別々ですか?」
「そうでしょ? それで、なぜ運について知りたいの?」
「ボクは、運と成功は連動していると思っていまして」
「それでは、まだまだ運の本質をわかってないようね」
 ここでもまた、本質という言葉が出た。
 成功者にとって、「本質」っていう言葉は、「こんにちは」ぐらい日常的に使う言葉なの?
「じゃあ、ヒントを教えましょうね」
 ボクはよく飲み込めないまま、とりあえず話を聞いてみることにした。