内戦続くシリアも
米国の嘘に振り回された

 この嘘は、米国政府自身も認めている。読売新聞06年9月9日付を見てみよう。

米上院報告書、イラク開戦前の機密情報を全面否定 読売新聞06年9月9日
[ワシントン=貞広貴志]米上院情報特別委員会は八日、イラク戦争の開戦前に米政府が持っていたフセイン政権の大量破壊兵器計画や、国際テロ組織アル・カーイダとの関係についての情報を検証した報告書を発表した。>

<報告書は『フセイン政権が(アル・カーイダ指導者)ウサマ・ビンラーディンと関係を築こうとした証拠はない』と断定、大量破壊兵器計画についても、少なくとも一九九六年以降、存在しなかったと結論付けた>(同前)

「では、なぜ米国はイラクを攻めたのだ?」という疑問が残るだろう。本当の理由はいくつかあるが、本題ではないので詳述はしない。しかし、金融界の大御所グリーンスパン氏がこんな発言をしていたことは、知っておいてもいいだろう。

「イラク開戦の動機は石油」=前FRB議長、回顧録で暴露
[ワシントン17日時事]18年間にわたって世界経済のかじ取りを担ったグリーンスパン前米連邦準備制度理事会(FRB)議長(81)が17日刊行の回顧録で、二〇〇三年春の米軍によるイラク開戦の動機は石油利権だったと暴露し、ブッシュ政権を慌てさせている>(時事通信2007年9月17日付)

 グリーンスパンは同著の中で、イラク開戦の動機が石油であることは、「誰もが知っている事実」と断言している。

 2011年から今に至るまで内戦が続いているシリアでも、米国の嘘が状況を混乱させている。

 シリア内戦を巡っては、ロシアとイランは、アサド現政権を全面的に支援している。一方、米国、欧州、サウジアラビア、トルコなどは、「反アサド派」を支持している。つまり、この内戦は大国間の「代理戦争」と化している。

 トランプは既に2回(17年4月、18年4月)、シリア(アサド政権)をミサイル攻撃している。前任のオバマも13年8月、シリア・アサド政権を攻撃しようとした。しかし翌9月、戦争をドタキャンし、世界を驚かせた。