それなりに睡眠時間を確保できているはずなのに、翌朝起きたときに疲れが取れていないように感じたら要注意です。前夜の食べ過ぎや飲み過ぎによって、消化に負担と時間がかかり、睡眠の質が低下している可能性があります。睡眠は、疲労から回復するためだけのものではありません。仕事における適切な判断や処理をするためにも、良質の睡眠が必要不可欠です。

 このように朝に疲れが残っている方は、朝食を欠食したり、食べたとしても少量だったりすることが多くなります。そのため、空腹状態で選ぶことになる昼食は「ごはんは大盛り」「メインは揚げ物」「すぐ食べられておなかにたまる丼物」のようなガッツリ飯を好みがちです。こうした食事は、血糖値を上げやすく、眠気を誘引して、昼食後の仕事のパフォーマンスまで下げてしまいます。

 ただ、長らくこうした食生活を続けている場合、こうしたコンディションが普通になってしまい、本当は食べ過ぎによるダメージを受けていても、自覚症状がゼロ、という場合も考えられます。そういう方だと、食習慣を変える気持ちは湧きづらいでしょう。

 でも、“食べ過ぎ”“飲み過ぎ”によるデメリットは数あれど、メリットはゼロです!それなのに食べ過ぎをやめるのが難しいのは、自分の意志だけではこの問題を解決しきれないケースが多いせいかもしれません。

 そこでここからは、食べ過ぎを引き起こす原因別に、食べ過ぎをやめる方法をお話ししていきたいと思います。

1日3食の食事量に大きな差があり
夕食の時間が20時以降になる

 朝は時間がなくて朝食を食べられない。もしくは、通勤途中のコンビニで何か買って、デスクで少し口に入れるだけ。昼はお弁当などをそれなりに食べる。けれど、いつも残業などで帰宅が遅く、「遅い時間にそんなに食べてはいけない」と思いながら、どうしても夜の食事量が1日のうちで一番多くなってしまう……。こうした生活習慣の方は、とても多いのではないかと思います。

 昼食から夕食までの間が8時間以上空くのは、ビジネスパーソンであれば自然なことです。ですが、遅い時間のドカ食いはデメリットが多過ぎます。そうした方は、夕方にデスクでおにぎり1個くらいを口にするなど、分食スタイルを取るのがおすすめです。

 また、朝食、昼食、夕食を写真で撮って、どれくらい量に差(偏り)があるのか客観的に見てみるのもいいでしょう。今は一番量が多い夕食から1品減らして、少ない食事(朝食や昼食)では1品増やす、という意識を持ってみましょう。