人生100年時代が現実味を帯びている現代、お金や健康、生きがいなどに不安を抱く人は数多い。どうすれば生き生きと楽しい老後を送れるのか。その道の先達に秘訣を聞いてみた。

心疾患で早期退職を決意した
ビジネスマンの第二の人生

早期退職後に立ち上げた「やまうち農園」は大成功を収めた
「やまうち農園」の山内啓二さん、裕美さん夫妻。ストレスで心疾患を発症して早期退職――そこから再び人生を取り戻した姿は見事だ

 もしあなたが20代、30代で健康な方なら、老後についてほとんど考えることはないかもしれない。しかし、もしあなたが40代、50代と年を重ね老人として生きるリアリティが増してきた場合、大いに関心があるのではないだろうか?

 昨今は「人生100年」という言葉さえある。実際、今年3月には、国の取り組みとして、首相官邸にて「第6回人生100年時代構想会議」というものが開催されている。厚生労働省の発表による2016年の日本人の平均寿命は男性80.98歳、女性87.14歳だ。そして、平均寿命の推移を見ると右肩上がりで伸びている。

 これは「老人として生きる期間が伸びている」ことを意味する。そうなると老後を制することが人生の楽しさを制することになってくるかもしれない。では老後を楽しむ秘訣は何だろうか。

 今回お話を聞かせていただいたのは、宮城県山元町でいちじくを主に栽培する「やまうち農園」を営む山内啓二さん(64)。大手自動車メーカーで36年間、営業職として勤務をしていた。当時はバリバリ働くビジネスマンで支店長、部長と出世街道を駆け上がってきた。しかし、55歳で突然心臓を患い、手術後に早期退職を決心した。では、そこからどうやって人生を取り戻し、60代の現在を楽しんでいるのだろうか?

「ストレスが体を蝕んでいったのだと思います。長く働いて来ましたが、会社の経営陣が大きく変わったことがきっかけで、経営方針もガラリと変わってしまったのです。お客様の葬式に行くことも禁止されましたから。私はお客様とのつながりを大事にしていたので、辛かったですね」と山内さんは振り返る。

 心臓を患ったのはストレスが原因であったため、退職をしたらすぐに体調はよくなった。しかし1年ほどの間は、「次はどうやって生きていこうか」ということを妻・裕美さんと一緒に考える時間に充てたという。再就職してもまたストレスだらけでは意味がない。「趣味の延長のようにストレスなく楽しみながら仕事をしたい」というのが、山内さんには譲れない条件だった。